Analysis

ビットコイン相場 – 変動率の回復?

本日(3月2日)の15分チャートで、予想変動率を得た場合に対象とする位置の概要を説明する。 ビットコイン価格と日中戦略へと、今週は多少奇妙な始まりになっている。活気の無い様子であり、そして市場へと乗り出す為への主要な予想変動率も、2つ程度の急動を除き全くない。少し狭い4又は5ドル範囲の間の斜め動作は一連の進行を占め、利益への機会を捨て去る事を強要させる。 昨日午後の分析で厳密に強調した事は、我々の範囲をとても幅狭い5分ローソク足チャートへ運び、そしてその代わりに利益の為へと短期的な対象へと設定するという内容だった。しかし本日のセッションでは、幅を多少広め直したい。下降傾斜トレンドラインが15分チャートに現れ、良い勢いを得る為にはこのトレンドラインを崩す事が(技術的な視点から)必要と思われる。 そして上記の事項を合わせつつ、これが予想変動率を得た場合に対象とする位置の概要を説明する本日の15分チャートだ。 チャートが示す様に、本日の日中セッション取引きへの範囲は430値でのターンサポートと434.5でのターン・レジスタンスで明確にされる。これは多少狭い範囲である為に、イントラレンジ取引きは現在停止している。 急動性への視点では、ターン・レジスタンス内の近距離な上位置に、下降を防ぎつつ433値での長期停止という通常の規則が適応される(しかし今回は、赤で強調されたチャネルをエントリーへも合図する為に探している。)。対象は440値だ。 下落を予期する – 短く説明すると、位置上のリスクに影響する425値の対象と431値での停止によって、サポート崩れに面している。多少の変動を本日取り戻す事を期待しよう。 良い取引きを!

中国の金盾は何故ビットコイン・マイナーに重大な問題を作っているか?

何がブロックサイズ制限を増加する事へと問題なのか?これは昨年にプロトコルへの考えうる代用についての議論が高速で白熱してからという物、ビットコインのコミュニティが長く問いかけてきた質問だ。 ビットコイン・ミートアップ・スイスランド(Bitcoin Meetup Switzerland)での最近の登場で、ビットコイン・コア貢献者のジョナス・スチネリ氏が、ブロックサイズ制限を迅速に増加させる上での問題の一つとして考えられる「マイナーへの不必要な資源への大型ブロックの影響」を対象とした。 ビットコイン・マイニングで理解するべき点は、毎秒のハッシングは個人の利益を得る能力へと影響を与えるという事。新規ブロックはネットワーク上全てのノードに即座に受理されず、それはマイナーが既に最新ではない古いブロックの上に積み重ねて、資源を無駄にするという事になる。結局、マイナーは誰かのブロックの存在を知った上で、その上に積み重ねる事しか出来ない。 大型ブロックとは、大手マイナーへの大きな利益という意味か? 金盾(グレート・ファイアウォール)の働く仕組みにより、中国のマイナーは度々その他国々(特にアメリカ合衆国全土)のマイナーの前に新しいブロックを発見する。現在中国はネットワーク上のハッシング・パワーの主要を握っており、中国に居ないマイナーは収益の一部を失う。この事は、中国圏外のマイナーは平均して中国内のマイナーの後で新しいブロックについて知るという事実から来ており、それは非中国人マイナーはすでに発見されているブロックへの資源を無駄にするという事を意味する。 新しいブロックについてを学ぶ為に費やす時間の為に、大手マイナーは小規模マイナーよりも優位な点を持っている。もしブロックサイズ制限が増加されれば、ブロックがネットワーク周囲へ増殖する為への時間が長くなるので、この利点は更に増加される。 ビットコインの拡張は難しい ビットコイン・ミートアップ・スイスランドでスチネリ氏の述べた最終的な点の中の一つに、拡張性の問題は、現在までに決められた様な単純な物ではないとしている。 スチネリ氏が説明した。 「全ての裏幕を暴くと言いたい訳ではありませんが、技術基礎に触れずに進めたいならば「ブロックサイズを増加させる」と言う事は簡単です。その通り、良い案に見えるでしょう。全ての人々が理解出来ます。しかし、思考する事に労力を費やすだろうがもっと優れた解決策があるのです。」 記事:カイル・トーペイ

2016/2/16 ビットコイン相場テクニカル分析 – 400にて停留

ビットコイン相場が三角形突破の強い上昇モメンタムを見せているが、購入者は相場の反落による良いレベルでのエントリーを待っているようだ。 考えられるサポート範囲 この38.2%のフィボナッチ・リトレースメント値は、短期的サポートとして急速な跳ね返りと共に得られたようだが、低位フィボナッチ値への大幅な訂正は未だ可能性がある。50%値は$390周囲で、これは61.8%フィボナッチ値が平均的な動きで大きな変曲点に近い間、精神的サポート範囲にもなる。 更に大きな相場の反落は、崩れた三角形のレジスタンスが$390付近で100 SMAを多少下回るまで継続する。この短期的な移動平均は、現在は長期200 SMAを下回っており更なる下降を推測させるが、しかし上昇交差が待ち構えているように見える。 もし交差が起これば、ビットコイン価格の持続する利益への期待へと、更なる購入者が加わるだろう。 推測は未だに下降を続けているので、振動が売りすぎの範囲に達して高値へと変化するまでは、売り手はゲームに勝ち続けるだろう。 市場のリスク 中国投資家の春節からの帰還と、そして殆どのアメリカ貿易業者が先日のワシントン誕生日による留守が合わされ、ドルを安全な避難所にする圧力となっていた。リスクへの趣向が最近の貿易セッションで行われ、ロシアと多数のOPEC会員国家の会議によって原油の相場を押し上げるのではないかという期待によって拍車が掛けられた。 唯一エンパイアステート工業指数は、本日のアメリカ経済から算出されており発展に目が向けられている為、もし予想を実際の読みが上回った場合は多数の利益へと繋がる可能性がある。しかしその一方で、厳しい結果がビットコイン価格の上昇トレンドを直ちに再開する事を許すかもしれず、恐らく過去の$409周囲での高値を押し上げるだろう。 強く上昇気味のモメンタムは更に、三角形レジスタンスを長期的な対照三角形を形成する$430から$450-460付近の上位置に集結させる。現在観察されている値は、予想される跳ね返りの訂正へと$375と$385であり、可能な高値崩れと上昇傾向の持続的な流れに対する過去の高値は$409である。 日中支持線 – $385 日中抵抗線 – $409 テクニカル分析指標: 100 SMA と 200 SMA RSI (14) 推測 (8, 3, 3)

ビットコインはイスラム法律でハラル(許されている)か?

ビットコインは世界中をより良くする事が出来て、そしてネットワークを動かす技術は数々の可能性を提供する。しかし、ビットコインは宗教上の理念と衝突するのかという疑問がある。ビットコインへの関与はイスラム法律の下でハラル(Halal:許可されている)なのか、そして一般的な電子通貨は本質的な価値があるのか? イスラムと通貨 通貨とは変わった概念である。何故なら、転送する特別媒体の価値が合法的か否かを何で定義するのか難しい為だ。紙幣が現在の形で作られる前は、決まった間隔で価値が変わる物品と共に、物々交換で取引を行っていた。しかし、全ての宗教には通貨と紙幣の上でそれぞれ固有の「基準」があるので、更に宗教的な概念も考慮される。 特に一種類の通貨をその他の通貨に交換する場合、イスラム法律の下では物事が明確ではない。しかし西洋諸国では、その様な形式の事業は当たり前なので、考慮し直す必要がない。それでも決まった宗教では通貨交換に対して厳しい為に、イスラムの姿勢への疑問が出てくる。 本日のイスラム(Islam Today)からの答えによると、通貨の交換とは許容される形式の事業と見なされるらしい。しかし、両方の団体はその取引からの資金を手渡しで受け取らなければならず、遅れは許されない。これらは貴金属への規定だが、同様の信念はその他の形式の通貨にも適応される。 ビットコインはハラルか否か? この疑問を初めてに口にすると、多数は大笑いして首を横に振るだろう。しかしこの話題は冗談でもユーモアでもなく、スタック・エクスチェンジ(Stackexchange)につい最近記載された真面目な質問だ。電子通貨の概念は特定の宗教や考えと相反するのだろう。 スタック・エクスチェンジへ最も優れた回答として載せられた物は、ビットコインが貴金属と同様の媒体として検討される事が可能かについてふれた。電子通貨の概念で一番懸念される事は、ビットコインは必要な場面で存在するが、物理的に存在を示す物がない。触知出来る形ではないが、しかしビットコインで取引をして、その価値を人々へ証明する事は可能だ。 追加すると、元々ハラルの通貨はデフレに陥りやすく、相場のフラクチュエーションを起こす。過去7年間の内ビットコイン相場は上昇しているが、それでもそれと共に複数の揺れ動きがある。純金もハラルであり、資源に限りがあるが価格の安定に代わる物がない。イスラム法律でビットコインは、紙幣通貨以上にハラルであると押し進めて言及出来るかもしれない。

ビットコイン値が値崩れで上値 – 400が上値対象に

これがビットコイン相場市場で注目している、対象と停止値、そしてエントリー値を明確に表した物だ。 たまに記事や分析を公表すると物事が上手く行かなくなる。幸運を祈りながらも大抵は好ましい方向へと進み、どちら側への動きにも応じて購入する市場から利益を得る事が出来た。時折、物事は計画通りに進む。昨日の午後は後者の方で、その上丁度良い時だった。動きは当初に停滞を持続し、その後複数の取引から切り離した事で、今週はビットコイン価格が多少厳しい週となった。しかしいつも通りに言う事は、ルールと戦略に従え – 或いは方略を保ち続ける事は役に立たない。 話は戻り昨日の午後、数時間横向きの取引をしていると、昨日の分析で議論した下降後期/回復を現実化した様にビットコイン値が上値へ値崩れして、買い手は緊急で対象を買い占める為に取引を維持した。短期間の圧迫に効果があり得ると我々の分析で言及していた様に、まるでこの事が今まで起きていたかの様だ。 先週の始めに400を下回ってから今までに無い391.88までビットコイン相場が下り、それからはそのペナントの範囲を継続している。在来の技術分析では、ペナントとは転換点への予測する利益範囲の価格中にある横向きの三角形の事だ。通常は上昇トレンドで持続する見通しの明るい投資を示しており、反対側は下降トレンドである。値は支持又は抵抗を崩す時に完成し(その場合は抵抗となる)、そしてエントリーではパターンの高さに均等である対象を与える。 最近のセッションへ当パターンと平均範囲方法の両方を使用する事が可能であり、この2つと較べ更に積極型三角形エントリーと、多少保守型でエントリー範囲を定める要所値と共に利用する。 という事で早速本日の取引監視を見て、利益へと動く事を可能させる要点への位置を得られるか思考してみよう。いつもの様に、状態を把握する為に表を大まかに見る。 このチャートは現在の範囲と横向きペナント(赤色に記されている)の両方を示している。この範囲は383.39にて(この揺れは上昇中の動きを低下させる)ターム支持として明確にされており、その間ターム抵抗が391.88の前述した日中高値に達する。三角形への支持と抵抗は多様に渡り、突破点にて明確される。 という事で、もし三角形が上昇へと崩れると、400値への積極型エントリーへと動く。当パターンの低位チャネル周辺の停止はこちら側のリスクを定める。三角形支持が崩れた場合は当パターンを無効とさせるので、こちらはエントリーをしない。 もし価格が抵抗を崩すと、多少厳しい388での停止と共に、更に保守的なエントリーを400値に向けて設定する。 下降へは、383.39でのターム支持を下回る崩れが、リスク管理の視点からすると物事が好ましくなる386値周辺での停止と共に、373.96へ向けて直ぐに定められる。  

ビットコインについて主流メディアが伝えない事

大勢の人々にとって、全体的なビットコインのコンセプトを把握する事は非常に難しい。この驚異的な技術には多様な面があるので、ビットコインをどの様に利用するかで違ってくる。沢山の人々はビットコインを違う形の通貨としてだけ見ており、それはどの様にこの革新的な支払い方法をIPツール経由で利益へと利用出来るかという疑問をはぐらかす。顧客は様々な場面で電子通貨から利益を得る事が出来るので、その仕方を喜んで伝えたい。 ビットコインとはプロトコルの値 多数の人々が信じる傾向とは違い、ビットコインはそれ自体がプロトコルである。何故なら、このシステムは銀行からの干渉や金融システムへのアクセスを必要とせず世界中の金融取引を容認する事が出来るだけではなく、利用者がインターネット接続を使用しての送金を可能とさせるからだ。最近ではオンライン支払い方法は真新しくないが、しかしビットコインは全く完全に違った創造物なのである。 ビットコインはIP経由でテキストメッセージを許容するワッツアプ(WhatsApp)や音声を許容するスカイプ(Skype)の様なツールと類似しており、顧客がIP経由で送金する道を効果的に創った。「IP経由」という意味は、インターネット接続を使用者が利用可能であれば、完全に無料で実行されるという事だ。 通貨の概念 – ほぼ世界全ての国々での現金 – を、有形として存在しない物へと訳すのは厄介だと言われている。西洋諸国ではオンライン銀行取引とプラスチックカード支払いが長期間利用されている事が、少し奇妙に映るかもしれない。 電子通貨は多数の人々にとって、国際的なインターネット接続性と支払いの論理的で発展的な次への段階だ。技術とは様々な素晴らしい物事の獲得を許容する。そしてこの数年間において支払い分野で開発が余り見られない事から、両方の分野が衝突する事は時間の問題だった。ビットコインは銀行や政府によって管理されない依存無しの分散型ネットワークを提供し、第三者サービス提供社の必要性を無くす。 安全な金融取引や国際通貨、そして参入障壁の無いエコシステム等の、ビットコインにより提供される有益な側面とは裏腹に、電子通貨は未だ十分に受け入られていない。ビットコイン取引を導入した数々の商業社が向上を続ける中で、非常に少数の顧客が加入している様に見受けられる。 では顧客としてどの様な提供を受けるか? この「ビットコインに何が出来るか?」は初心者の利用者からよくある質問である。最初に、一般的な電子通貨は世界のどの様な人でも資金を安価で世界中の誰にでも同時に送る事を可能とさせる。特に友人と請求の分割をしたり、海外で働く間に家族へと送金する利用者へ有用性がある。 そして次に、ビットコインは銀行口座を所持しているかにかかわらず、世界の誰もが分散型レジャーで貯蓄する事が出来る。インターネット接続がある誰もが、ビットコインをいつでも充分に管理出来るウォレットに保管する事で自らが銀行になれる。どの様な時でも自分の資産を使用出来る事は、現在の従来型金融機関の提供とは違った物だ。 更に、これはスマートフォンからコンピューター、そしてラスプベリーパイ(Raspberry Pi)といった、どの様な媒体でも利用可能な数少ない支払い方法の内の一つだ。この有力な支払いプロトコルは、従来型金融において偽りの境界やインターネット実施の性能を超越している。全世界でスマートフォン・ビジネスが広まり、モバイル支払い方法が至急必要になっている。そして、ビットコインはミレニアル世代の切望するサービスを提供する主要な位置にある。更に追加すると、ビットコインは支払い詐欺を徹底的に排除する。年中において主流メディアが多大にビットコインの欠点に集中しているが、弾丸はすぐに切れ始めている。従来型金融が非常に厳しい方面に限定される中で、一般的な電子通貨のプロトコルが考慮される所に可能性は無限にある。

何故ビットコイン・ブロックチェーンの「終焉」を唱える反対者は要点が異なるのか

ビットコイン開発チームの創設メンバーの一人であるマイク・ハーン氏が、「ビットコイン実験」は失敗だと先日公表した。 ハーン氏が記述して間もなくの反響が興味深い。特定の人々は「そうなると言っただろう」といった、おかしいShadenfreude(シャーデンフロイデ: (独) 他人の不幸を喜ぶ)的な大騒ぎをしている風に伺える。それに対し、その他はハーン氏の宣言を無視・否定している。 多大な可能性のある技術を根本的に否定する人物の心理は永遠に解らないが、勿論その人物が現存の技術から利益を得ているのなら別だ。そして新技術の向上への難題を盲目的に無視する人々や、早期導入から更なる主流への導入 − 『キャズム(Crossing the Chasm)』− の困難さを軽視する者も疑う。 ビットコイン・ブロックチェーンは終わったのか?旧式化への衰退のらせんを防ぐすでもなく徐々に向かっているのか? 勿論、誰も確実に知っている者はいないが、投資家のフレッド・ウィルソン氏の思考する新興技術とハーン氏の記述に対しての発言は信用出来る。ウィルソン氏はこう述べた。 ビットコイン実験は6才です。相当な数のビットコイン・エコシステムへの資本投資があります。当技術を利用し、有益なビジネスの設立へ競争している数々の多額援助を受けた企業があります。我々はその中の最低限でも一社から援助を貰っています。様々な企業間の競争と彼らの見解は、行き詰まりの中で一役を買っています。これら企業はもしビットコインが生き残るか失敗すれば、多大に獲得又は損失します。という事で、資本主義の行動から来る合理性が現れる又は既に現れているでしょう。 それは我々を何処に置くのか? 技術やスタートアップに関連した者なら、成功と導入は反復プロセスだという事を知っており理解しているだろう。 別の言葉で言うと、視野を大きくすればビットコイン・ブロックチェーンが「失敗」するかは重要ではない。何故ならこれは既に最もな常識的性能を獲得しており、その他の技術が当定義や技術の上には開発されない事が想像出来ない。そして、おそらく更に重要な事は、明白性とインターネット媒介等のビットコイン・ブロックチェーン精神は同様に耐えて基盤にされるだろう。 そして、もしビットコイン・ブロックチェーンが「失敗」したとしても、ビットコイン・ブロックチェーンの多数の変形型は失敗にはならない。思考するならば、Rio(オーディオ)MP3プレイヤーに目を向けた瞬間からCD(コンパクトディスク)は終わっている。 この事から、ビットコイン・ブロックチェーンはRioの道を順調に辿るかもしれない。しかし明確にすると、ビットコイン・ブロックチェーンによって開発され発生した技術開発や思考の移り変わりが永遠に消滅する事は不可能だ。事実上始まったばかりである。回避してはならない。 By ジョージ・ハワード

どうビットコインを課税する?

通貨か資産として政府は考慮するべきか?答えはビットコインの根本的な可能性を左右する。 ビットコインは通貨としての利用へと開発されたのに対し、それを投資として所持する者が居る。困難な点は政府が税金の目的でビットコインの存在を様々に扱っている。 例を挙げると、ヨーロッパ諸国を含んだ多数の国はビットコインを消費税目的の通貨として分類しており、それは多様な付加価値税はビットコイン取引に該当しないという事になる。それに対し、オーストラリアやその他の国では分類していない。似たように、イギリスはビットコインを所得税の目的へビットコインを外国通貨として扱い、その間アメリカは資産とみなしている。 ビットコイン「採掘」者は、ビットコイン取引の有効化と全ての取引を記録するブロックチェーン維持へと保障されているかという理論の元で受ける重要性により、所得税へ該当される可能性がある。ビットコインが通貨として認められようがいまいが、これは事実だ。他の言葉で表すと、実際の「マイニング(採掘)」を行っているのではなく、マイニング操作を仕切る複雑なルールに該当もしない。その代わりに、サービスへの補償を受けている。困難が生じるのは人々が然し獲得したビットコインを使用しようとする際だ。 ビットコインを所得税の理由から通貨(地方やそれ以外)としての分類を断る事で、税務当局はビットコインを効果的にその他資産として扱う。それが意味する事は、ビットコインで品目を購入する者はその価値の変化に関連する取引の所得を報告しなければならない。それは、所持者が実際にどう扱おうと投資として扱われるという事だ。 ビットコインを現金の為に売り、そしてその現金を買い物の為に使用するかの様である。未だ最悪ではないが、もしビットコインの価値が下がると、納税者は損失を削減する事が出来ないかもしれない。何故なら、個人的な物と見なされるからだ。従って、ビットコインを通貨として使用する者は利得と損失を正確に計算出来る様にする為に、それぞれのビットコインの価格を記録する事が要る。 この所得税の支払いが必要な可能性が含まれた管理業務は、代替通貨としてのビットコインの使用をとても難しくさせる事が出来る。 しかし、ビットコインとその他類似製品ヘの本当の危険はそれ以前のありふれた原因から来る – 国際税務当局だ。欠除傾向な裁定で、ビットコインを代変通貨として実用的ではないとしながら、全てのビットコイン取引に収入と消費税義務を発生させる事が出来る。 その様な成果を避ける為の精巧な税務計画は上手くいくだろう、しかしビットコインの使用を更に難しくさせる。 従って、ビットコインは行政府を含み第三者との取引の必要性から個人を解放する意味で開発されたが、少数派から主流へと移るにはそれでもやはり政府機関の必要がある。


Subscribe to our newsletter