Altcoins

マイニング騒動の中、モネロ300ドルを超える

マルウェアの発生が懸念されているにも関わらず、ここ数日モネロ(Monero|XMR)の価格が急上昇しています。2日連続で強気相場を見せた後、木曜日にはレジスタンスレベルの300ドルを試しています。 モネロ(Monero|XMR)とは? 2014年4月に公開されたモネロは、匿名性と分散型に特化したオープンソースの仮想通貨であり、Windows、MacOS、Linux、アンドロイド及びFreeBSDに対応しています。 アルファベイやOasis等を含むダークウェブ・マーケットでも仮想通貨の需要が高まっていることもあり、公開以来モネロのトークンXMRの普及は拡大し続けています。 モネロのマルウェア騒動 先日、モネロはアンドロイド端末を狙ったマイニングマルウェアが発見されたことで世間を賑わせました。同マルウェアはアンドロイド端末を乗っ取り、勝手にモネロをマイニングさせるウェブサイトにリダイレクトする仕組みとなっています。 米国のオンラインニュース、Salonも広告掲載料から利益を得る代わりとして同じような仕組みを使い、読者のコンピューティングパワーをモネロのマイニングに利用しています。 広告を見たくないというSalonの読者は「広告を隠す」を選択することができ、Salon側はそのような読者のコンピューティングパワーを仮想通貨のマイニングに活用できることができます。 XMR価格の動き 先月のXMRは、価格上昇・下落において他の主要通貨と同じような動きを見せました。XMR/USDは50%のフィボナッチリトレースメントレベル273ドルを超え、同記事を書いている時点では300ドルを試しています。 同ペアは日足チャートで一目均衡表の雲の下に留まっていますが、転換線は基準線を上抜け中期的な強気相場が続くことを表しています。 モネロ(XMR)テクニカル分析 その一方で、今後の雲の形は弱気相場を表しています。 モネロは現在時価総額47憶2057万3463ドル第13位の仮想通貨であり、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、カルダノ、ステラ、ネオ、イオス、IOTA、ダッシュ、ネムの後を追っています。 モネロを購入したい場合は多くの仮想通貨と同様、バイナンス(Binance)、ビットフィネックス(Bitfinex)、クラーケン(Kraken)等の取引所を通して購入できます。 モネロのホームページによると、モネロを使用することで「自分が銀行になる」ことができるとのこと。アカウントや取引履歴を他に見られることなく、本人だけが資金を管理することができるようになります。

知名度の低いアルトコインに注目:Zcash & コダックコイン

世間の注目は主要仮想通貨や時価総額トップ10に集まっていますが、まだ知名度の低いアルトコインと新ICO案件についても見てみましょう。今回はジーキャッシュ(Zcash)とコダックコイン(KodakCoin)をご紹介します。 Zcash(ZEC)とは? Zcashは分散型でオープンソースの仮想通貨で、コインはZECの略称で取引されています。現在時価総額第23位のZcashは他の仮想通貨と比較してプライバシー保護に特化していることが特徴です。 Zcashのウェブサイトによると、同仮想通貨はピアレビュー済みのクリプトグラフィックの研究に基づいており、ビットコアでの使用で実際に機能が証明されているコアベースを基本とした同オープンソースプラットフォームは、セキュリティ専門のエンジニアチームによって開発されています。 Zcashの特徴 Zcashでの支払いはビットコインと類似しており、ユーザーは支払いの際アドレスを公開するか匿名とするかを選択することができます。非公開のアドレスから公開アドレスへZcashを送金する際は受領額が公開されますが、公開されているアドレスから非公開のアドレスへ送金する際の受領額は非公開となります。 このような機能は犯罪に利用されるというリスクもありますが、Zcashは、「企業はブロックチェーン上でビジネスを行う際、サプライチェーンのプライバシーを保護する必要がある」とし、「尊厳や親交、モラルと同様、個人のプライバシーも人間には重要である」との意見です。 ZEC価格の動き 多くの仮想通貨とは異なり、Zcashは2016年の10月に3万ドルという高い価格から始まっています。その後2カ月で30ドルまで急落しましたが2017年半ばから勢いを見せ、現在500ドルから800ドルの間を変動してます。 Zcash (ZEC) 日足チャート 現在日足チャートでは23%のフィボナッチリトレースメントレベルによってサポートされており、一目均衡表の雲上の価格で取引されています。 コダックコイン-ICO前のプレセール 次に注目したいのが写真用品メーカー、コダック社による仮想通貨コダックコインです。使い捨てカメラのブーム以来コダックの名前を耳にすることはなかったのではないでしょうか。 実際にはバンクーバーを拠点とするGlobal Blockchain Technologies社による仮想通貨ですが、コダック社がこの仮想通貨に同社の名前を使用する権利を取得しました。ICO前のプレセールでは既に200万ドルが投資されており、ICO前の第一段階で公開される800万のコダックコインを完売したとも報じられています。今のところICOの日程に関しては明らかになっていません。 コダックコインの機能 フォトグラファーやエージェンシーはKodakOneと呼ばれるプラットフォーム上で写真の登録や権利の売買、コダックコインでの支払いを行うことができ、フォトグラファーは作品の売買成立後すぐに支払いを受け取ることが可能です。プロ、アマ問わず誰でも安全なプラットフォーム上で作品を売ることができるようになります。 おわりに 現在の仮想通貨市場は価格の変動が激しく今後の予想をすることが難しいため、アルトコインを積極的に取り入れリスクを分散させることもひとつの手かもしれません。

rega

REGAプラットフォーム引合せる革命的な群集インシュアランス溶液、ICOを発表

REGA、革新的なブロックチェーンソリューション群衆の力を活用する革新的な保険とリスク共有プラットフォームを創出しま。 Rega リスク共有、ブロックチェーン クラウドソーシングのコンセプトはしばらく前からありましたが、それは仕事に関連して、投資を増やし、アイデア、ソリューション、そして何ではないか。しかし、群衆の力の実際の可能性ははっきりと分かりましたICOのコンセプトの後と群衆売れ行きcryptocurrency業界では世界の注目を集めました。さて、ブロックチェーンプラットフォームの1つは、REGAは革新的な” 群集インシュアランス” 溶液。 REGA群集インシュアランス ソリューションは、Insurtechセクターのための次の論理的なステップです現在、ブロックチェーン技術の使用を検討中です既存のサービスを改善する運用コストを削減し、処理時間を短縮できます。プラットフォームはまた、経済モデルを共有する波の上昇に対応し、好きな人に広く採用されていますのUber、Airbnb、その他。 REGA群集インシュアランスは保険会社とブローカーの関与を排除しますアルゴリズムを利用し、スマートコントラクトをブロックするリスクの分析と管理を行い。 に群集インシュアランス人々は集まってコミュニティを作り、予想外の損失に対する補償を保証するものである。仲介業者が存在しないことにより、従来のプレイヤーと比較して群集インシュアランスプラットフォームよりも優れています。 REGAトークン上に築きますBancorプロトコル継続的な流動性と価格発見を提供する。REGAプラットフォームは柔軟性のあるユーザーを提供します自らのリスクでリスクを管理することが。プラットフォームは技術基盤を提供するEthereumブロックチェーンベースのリスクシェアリングスマート契約には定額手数料が含まれています。従来の保険会社とは異なり、REGAリスク・シェアリング・プラットフォームは、収益を生み出す市場への資金の投入や再投資を行いません。 このプラットフォームは、ほぼ同じレベルのリスクを持つ類似の保険パッケージを組み合わせてサブプールを作成するように設計されています。これらのサブプールは、ほとんど自給自足です。しかし、例外的に、リスクから生じるクレームがサブプールのプレビューよりもはるかに高い場合、被害者を支援するためにはるかに大きなプールが突き当たります。プールは、同じ種類の複数のサブプールの集合であり、さまざまなリスクを伴います。これらのプールは順番にスーパープールで覆われていますが、結果的にユーザーのリスクが常にカバーされるようにします。 プラットフォーム全体は、高度な機械学習アルゴリズムを実行する人工知能によって管理されています。保険料、クレーム、支払いはスマートな契約によって処理され、人間との相互作用の必要性が事実上なくなり、完全な地方分権化が可能になります。 REGAリスク共有モデルは、幅広い保険アプリケーションに適用できます。このプラットフォームはすでにLexi Clubに実装することにより、その妥当性をテストしました所有者が約5ドルの定期的な料金を支払ってペットの医療保険の80%を得ることができる相互ペット保険ソリューションです。インテリジェントなボット駆動プラットフォームは、前例のないレベルの自動化と獣医サービスへのアクセスを提供します。 このモデルは、間もなく不動産、医療、ハードウェアなどの他の業界にも導入される予定です。プラットフォームが他の業種にも拡大していく中で、投資家が自国のRSTトークンを購入することを可能にする巨大な組織を組織しています。トークンは、プラットフォーム内での取引を促進し、他の通貨との取引にもつながります。 革命的なREGA群集インシュアランスプラットフォームとICOの詳細については、www.rega.lifeをご覧ください。        

duck_toy

日本最大の銀行がデジタル通貨の試験を認証

日本最大の銀行である東京三菱UFJは、大手銀行によって発行された世界初のデジタル通貨になるデジタル通貨として噂されていた「MUFJコイン」の試用を認証した。 東京三菱UFJ銀行の代表者は、ロイターへの公式文書にて本銀行は、ビットコインのようなブロックチェーン技術によって実証された銀行発行コインへの試験を認めた。 代表者は朝日新聞での最近の報告からこれについて抜粋し、記事では本銀行は2017年の秋にデジタル通貨を公共的に発行すると公開した。 詳細や公式発表なしで、銀行代表者は多くを発表しなかった。しかし代表者はこう述べている。 「MUFGはブロックチェーン技術を活用し、企業内での「コイン」への試用試験を実行する事は事実であるとだけは述べられます。」 三菱UFJファイナンシャル・グループ又はMUFGは、本銀行の親会社である。 噂されている銀行発行のデジタル通貨の詳細は、銀行固有のトークン通貨への金融機関の予定へと多くの見解を見せる。 最も大きな事は、一つのMUFGコインの転換比率は日本円と同額になるであろうとし、この規格はコインが公共へと使用される際の容易性を考慮されている。利用者はこれら銀行口座からスマートフォンのアプリを通して金額を引き落とす事が出来る。 本銀行は、日本で既に経営中の現存プリペイド電子マネー・プラットフォームとの競争を予想している。多様な送金への大きく削減した手数料によって、競争に勝ち残る事を目指している。 朝日新聞の報告は、更にビットコインATMは2018年春の設立を予定する日本大手銀行によって開発中だと公開した。更に利用者はATMを使用してMUFGコインから不換紙幣へと換金する事が可能だと、記事は報告した。 記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter