早急に成長する8つのビットコイン市場

2016年には殆どの国でビットコイン量が急上昇したが、多数の市場はその他よりも素早い成長を遂げた。ビットコインドットコムは本年中において最大の成長を遂げた国と通貨を発見する為、全てのビットコイン交換所の取引量を調査した。

日本

日本は中国に続いて国際的なビットコイン交換量の最大第2位である。ビットフライヤーの無料手数料キャンペーンの為に、5月に日本円でのビットコイン交換は米国ドルを大幅に超えた。ブレーブニューコインのデータによると、この交換通貨は日本全てのビットコイン量の50%市場共有を超えた。

ベネズエラ

ベネズエラが大きな貨幣供給問題に面する中で、国内でのビットコインへの需要が上がっている。サービコインはボリバーへとその量から最もよく利用される交換所であるが、本交換所は量の履歴を公開していない。

インドネシア

インドネシアのルピーはその量からビットコインへよく交換される通貨の第5番位であり、6月にはブロック報酬としての「ハルビング」イベント中に取引が急増している。その後、多数の交換所に渡って比較的力を保っている。

韓国

韓国のウォンは国際的なビットコイン交換量の第6位であり、そして韓国人は国内に渡って大きな数のコンビニエンス・ストアからビットコインを購入する事が出来る。これらのネットワークは韓国ウォンのビットコイン交換量の70%を所持する交換所コービットを利用している。

コロンビア

ベネズエラの隣国コロンビアは地域ビットコインの存在を示し始めた。一週間に26ビットコイン取引で今年に始まり、最近では122となっており、この約370の上昇は記すに価するだろう。

マレーシア

最も最近ではマレーシアは最盛期に達しており、地域ビットコイン上で毎週約150ビットコイン値から先週の542まで上昇している。この261%の上昇は、2013年での非常に徐々で低レベルな上昇に引き続いた。

ロシア

ロシアのルピーは国際的にビットコインへと最も取引される通貨であり、約半分の量は地域ビットコイン交換所で取引されている。今年は、この交換所は独自で121%の成長を遂げており、毎週量の2,700から5,983まで上昇している。

オーストラリア

複数の交換所はオーストラリア・ドルへのビットコイン交換を許容している。しかし、1月にアイゴット交換所がオーストラリア市場から離れた後に、市場は毎日の交換量3,850から約500ビットコインまで減少した。

記事:ケヴィン・ヘルムス


Subscribe to our newsletter

スターバックスはビットコイン・ウォレット・サービスのアイペイ・ユーと提携を結んだ。

暗号通貨の公式化拡大を助ける手段となる可能性のある動きとして、スターバックスはビットコインでの容易な支払い方法としてスターバックス・アプリケーションの利用者へと提供する為に、アイペイ・ユーと提携した。

スターバックス・アプリケーションを利用する顧客は、メニュー上の販売商品各種へとアイペイ・ユーのビットコイン・ウォレット経由で支払いが現在可能である。スターバックスへのビットコイン・ダイレクトと称するツールを通じ、実時間でしばしば変化しやすい暗号通貨を米国ドルへ換金する為に、アイペイ・ユーは自動化された変換プロセス経由で機能する。

「世界は変化しており。我ら全ては更に繋がりを持ち、そして92%の取引は現実での小売業界対オンライン上で現在も行われています。取引管理を行う際には、直ぐに多くの価値がデジタル上よりも現実で現金にて取引されます。」とエム・コーディスとコネクテット・マーケター機関の管理提携者であるマイケル・ベッカー氏は述べた。「実際、我々は現実世界でデジタル上の存在である事を認識し認める必要があり、全ての重要な目的へと現実的な存在よりもデジタル上の存在として更なる経済的価値を持つと信じております。」

「ビットコインの将来としては、ビットコイン又はデジタル交換のその他多数の手段が主流になる事は明確ではありませんが、しかし現実での現金はいつか我らの生活の中で消える事は明確です。」とベッカー氏は述べる。

ビットコイン統合

本統合はアイペイ・ユーのギフトカード進出の一端としており、これはビットコイン保持者がスターバックスを含めた主要な小売業者やチェーンからギフトカードを購入する事を可能とさせる。ビットコインの傷付いた歴史が良い目的への努力の妨げる為、そして予見としては、eコマースの主流へビットコインを紹介する為のアイペイ・ユー等のプラットフォームに追いつくかは、時間が教えてくれるだろう。

本コーヒー・チェーンは更に、テンセントとの提携として大手ウィー・チャットのモバイル・アプリケーションとの統合を含める為に、モバイル・コマース・プラットフォームを拡大しており、利益的な中国モバイル市場へと強く押した。

記事:ラキン・アズファー

個人情報解析に重点を置く南アフリカの金融企業ディスイズミー(TIM)が、2017年に世間公開予定の本社サービスを向上させるブロックチェーン技術を追加する事を明らかにした。

更なる企業はブロックチェーン技術のビットコインとその広がる可能性へと気が付き、注目し始めている。

最近だけで、スペインの主流エネルギー企業のエンデサが、エネルギー産業へのブロックチェーン基盤ソリューションの開発を向上させる為の試みとして、ブロックチェーン研究所の開設計画を公表した。

リチャード・ベンソン氏がブロックチェーン技術は「経済改革」制作を可能とさせると信じる中で、この技術は更に健康管理産業と不動産業界の様なその他分野にて使用されている。

しかしそれでも、KYC(ノウヨアカスタマー)・AML (アンチマネー・ローンダリング)・バックグラウンドチェック機能などの、本当の本人確認解析の提供とより良いサービス提供への試みとして、TIMはブロックチェーン技術の設立を決定したとの事を、ITオンラインが伝えた。

今年始めには、ノートン・サイバーセキュリティ・インサイト・レポートが、67%の南アフリカ人がスマートフォンとインターネットの人気の為に現在は個人的な情報流出の管理が更に困難になっていると考える中で、76%は個人情報の盗難率が増加した事を信じていると公開した。

驚く事に。78%は情報の頻繁に保護するべきだと分かっている中で、多数はセキュリティーというアイディアが不便だと考えている。その上、盗難に遭ったクレジットやデビットカードをキャンセルするならば、家族や親友との夕食の計画をキャンセルすると58%は述べた。

ITオンラインによると、個人情報の盗難問題は大きな問題として残されており、南アフリカ企業はR1十億からR2十億までの代償を被っているとの事だ。自然に、ブロックチェーン技術の実行は肯定的な動きであり、詐欺と個人情報問題の削減を安全な方法で援助する事が可能であり、これはどの様な取引でも個人の信頼感のある利用を保証する。

TIM代表のマーク・チーンサイド氏はITオンラインへとこう述べた。

「仮想通貨とビットコインへ頻繁に関連付けられる中で、ブロックチェーン技術は現在、オンラインで自己管理を行う為に、匿名性の確認へと追加のセキュリティー層として考慮されており、これは取引実行を保証する為に信頼されるIDに権利を与えます。」

記事:レベッカ・キャンベル

公知インド報道機関のインディア・トゥデイは、明らかに中傷を目的としたビットコインへの調査的な報告を公表しており、これは理解の欠如やプロパガンダの為であろう。

報告の中で、インディア・トゥデイはビットコインは犯罪者が法律から隠れる為の目的として制作されたとでも言う様に、本質的にビットコインをマネーローンダリングのような不正活動と関連付けた。特にビットコインは犯罪者を匿う中央型団体として描かれた。

報道機関によると、暗号通貨は「非常に広く渡ってマネーローンダーズと犯罪者によって使用されている。」との事だ。本報告は犯罪者が更に不換紙幣、ゴールドや価値を持つ全てを利用する事を無視している様に伺える。

一つの点を述べると、レポーターはビットコイン交換者へと、どの様な人々がビットコインを購入するかについて質問し、これに対して「公表は出来ませんが、全ての種類の人々です。」との回答があった。明らかに、報道機関によると、これの意味は交換者が「全ての種類のブラック市場者を援助している」という意味であり、暗号通貨を利用して「ブラック収益」を保管している。

結論に近づくと、インディア・トゥデイはビットコインがデジタル世界への逃げ道であり、非公開の資産への天国として機能していると主張した。ビットコインは銀行サービスの利用が困難な数百万もの人々を援助し、金融業界の革命を周知の通り行った金融改革は、報告では完全に示されていない。

コミュニティーはどう反応したか

YouTubeビデオのコメント欄の中で、インディア・トゥデイは報告での粗末な報道へと強く批判しており、本プロパガンダは利用者へと勧められている。これはしかし報告に対するコミュニティーの反応では氷山の一角に過ぎない。

ゼブペイの共同設立者は報道へと返答している。ゼブペイ上では、利用者のクレジットカード詳細は交換へ必要とされており、そして硬化や小切手の許可又は追求されなくする為に、取引は銀行チャンネルを経由する。

暗号通貨への争い段階に突入した様に見える。本報道機関は暗号通貨の引き下げを試したが、しかしこれはガンディーによると、次の段階はビットコインの主流な導入を意味するだろうとの事であり、ビットコインを更に力強く成長させると思われる。

記事:フランシスコ・メモリア