2016年の年末が近まる中ビットコイン相場が約18%上昇

ships

12月の今週23日までにかけて、ビットコイン相場が17%以上に急上昇した。

コインデスクのビットコイン相場インデックス(BPI) による図指数の公表によると、デジタル通貨は今週$780.85から始まった後に$900を超えた。報道時には、ビットコイン相場はセッション中に$918.95にまで登り、これは今週の始めから17.7%の獲得だ。

現在では市場は平均$916.19にて取引している。

ビットコインはこれらを複数の要因から獲得し、これには強力な市場人気と中国取引所での膨大な取引量を含める。総額では、市場が$800での重要な抵抗を押し上げた後に、価格急上昇の獲得を示した。この事と共に、市場の観測筋は複数の向上を指摘した。特別に述べると、ビットコイン市場での活動へ参入予定の事業者としての、インドのヨーロッパの循環と社会政治学上の混乱から特殊な要素を取り除く動きだ。

市場の勢い

市場の観測筋は過去数日間で起きた相場の動きについて、急上昇だという驚きの意見だ。

支援されるビットコイン交換プラットフォームのホエール・クラブ COOのピーター・ジブコブスキ氏は「圧倒的な急上昇という意見です。」と述べた。ホエール・クラブのデータは、市場は12月23日までを通した7日間での平均は94%であり、前週の平均90%の後の事だった。

ジブコブスキ氏によると、取引者はこれらの位置を短期間の平均での開きとして持続している。この事実は、取引者は「トレンドが急上昇になってからの素早い収益が目的」とジブコブスキ氏は指摘した。

ビットコイン相場は素早く上昇し、 BPI 図指数の公表によると12月22日では$874.10まで登った。その翌日には、デジタル通貨は$900を超えるもう一つの大きな相場を獲得した。

中国の影響

エンネキング氏とジブコブスキ氏の両人は、今週のビットコイン相場を動かした市場の大きな 動きの重要な役割を強調する中で、エリオソフ氏は完全に異なる事柄を引用した−中国である。

よく市場観察者は中国がビットコイン活動での重要な役目を果たしていると指摘し、今週も例外ではなかった。国家の交換所上での取引活動が、ビットコイン相場での今週の上昇の主要操縦者だという事を、暗号通貨基金を経営するエリオソフ氏は述べた。

 

記事:チャールズ・ボヴァード


Subscribe to our newsletter



Related Posts