トランプ大統領の顧問委員会に任命されたエロン・ムスク氏はビットコインは「望ましい 」と思考

red

テスラとスペースXの代表であるエロン・ムスク氏は、ウーバー最高責任者のトラビス・カラニック氏と同様に、大統領に当選したドナルド・トランプ氏の顧問委員会に参入した。

ムスク氏は過去にビットコインについて驚くべき発言をしている。

YouTubeで公開されているインタビューの中で、トランプ氏の顧問委員会に任命されたムスク氏はビットコインへの考えを説明している。

「ビットコインは良い物だと考えています。主に不正取引を行う意味合いがあるでしょう…しかし、これは全て悪くはありません。不正であってはならない物も多数あります。」

当時ビットコインを所持していないと述べたムスク氏は詳細を述べた。

「正式と不正取引の両方に有効的でしょう。そうでなければ不正取引への使用に価値がある訳がありません。何故なら正式と不正を繋ぐ橋を持つ必要があるからです。」

ムスク氏だけがビットコインに賛成的で、トランプ氏の耳に近い顧問ではない。ビット・ペイの様なビットコイン・スタートアップへと数百万ドルの投資を行ったファウンダーズ・ファンを経営する億万長者な技術者のピーター・シエル氏も、トランプ氏の取引団に関連しており、先週にアメリカ技術業の最高責任者らとの会議を開催した。

ムスク氏も同席し、水曜にニューヨークにてグーグル、 IBM、インテル、マイクロソフト、アマゾンとその他企業の最高責任者を交えてトランプ氏に加わった。

報告によると、幹部らは海外で実権を握られている米国収益の送還と、そして米国サイバーセキュリティとインフラストラクチャーについて議論した。

「米国は世界で一番の革新的で活気づく企業を所持しており、そして本日の会議に参加している専門分野の最高責任者はそれぞれの分野で頂点に位置しています。」とトランプ氏は公式文書にて述べた。「事業環境の向上と、シリコン・バレーからハートランドまで米国全土に渡り企業が新規雇用の作成へと魅力的にする為に、本行政は民間部門と共同で取り組みます。」

ムスク氏はトランプ氏の総裁について疑問を示したが、しかしこの事は2名の共同活動の妨げにはならなかった。

 

記事:ジャスティン・オコーネル


Subscribe to our newsletter



Related Posts