韓国デジタル通貨「ボスコイン」が2017年2月に発足

blue

韓国フィンテック・スタートアップのブロックチェーンOSはボスコイン(BOScoin)と称する新規デジタル通貨を発足する計画を発表し、これはビットコインとイーサリアムの様なよく知られる仮想通貨の向上版であると本社は主張する。

地域出版のパルス・ニュースによると、近々発足予定のデジタル通貨はブロックチェーンを基準としており、現存するデジタル通貨とほぼ同様の物との事だ。韓国を拠点とする企業によると、違いは素早い取引速度を促進させるブロックチェーンの機能である。更に具体的に述べると、クレジットカードの処理速度が一秒につき1000数の取引まで行う事が出来る。

開発者によって利用された全ての手段とコードはオープンソースで表示されると、韓国出版のデータ・ネットによって報道された。

多数の詳細が知られる中で、ボスコインは「推論エンジン(韓国語からの翻訳)」との次世代スマート・コントラクト・ソリューションにて作動と維持される。このエンジンは機械又は利用者が契約を読み取る事を援助する中枢ソフトウェアとコードであり、ほぼ全ての利用者が理解する事が困難なプログラム・レベルのコードにて書かれた現存するスマート・コントラクトと反する。本質的に開発者は更に簡単なブロックチェーンを目指している。

トークン通貨のボスコインは、スイス中央位置で設立されるブロックチェーンOS財団によって発行と管理をされる。

ブロックチェーンOSの社長パーク・チャンキ氏はこう述べた。

「ボスコインの発足によって、韓国は世界の暗号通貨市場へと挑戦し、認識される事が可能となるでしょう。」

このデジタル通貨は現在、国内の投資者へと先行販売されており、2017年2月には国際投資者へとイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が引き続きます。当報告は更に、韓国での一般的な B2Cモバイル・アプリケーションと並行してデジタル通貨の予期する実装が、根本的にボスコインを不換紙幣に代わる取引通貨とする事を記述している。

記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts