デジタル通貨交換所のクラーケンがビットコイン購入サービスを獲得

Kraken-Logo
サンフランシスコ拠点のデジタル通貨交換所はウォレット資金サービスのグリデラ(Glidera)を獲得した。

規約は公表されていないがこのグリデラ所得は、昨年に取引業界へとその他スタートアップの購入に費やしているクラーケンにとって最も新しい。

1月に、クラーケンはニューヨーク拠点の交換所コインセトラーを購入しており、この企業自体は2015年4月にオランダを拠点とするCAヴァーテックスを所得する動きを示した。

二つのサービス統合の一環として、利用者の銀行口座からビットコインの購入と、そして資金を指定するウォレットへの送金を可能とさせるグリデラは、「クラーケン・ダイレクト」へと改名する。グリデラによる本サービスは、更にクラーケンの国際利用者へとも拡張してサービスを提供する。

公式文書にて、クラーケンの社長ホゼ・ポエル氏はこの取り決めが 「クラーケンへと非常に素晴らしい年として締めくくるでしょう。」と述べた。

「2016年にかけて、我々の事業全ての分野は目覚しい成長を遂げました。当社の新しい取得である「クラーケン・ダイレクト」サービスが重要な役割として働き、2017年はより良い年になると期待しております。」

今年はその他の国際的交換所も買収を行っており、ブラジル拠点のフォックスビットによるビット・インベストの買収が含まれる。2月には、フィンランドのビットコイン仲買人プラソスが非公開の価格にてコインモーションを購入したと発表した。

 

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts