ビットコイン・スタートアップが旧バークレイズ代表のアントニー・ジェンキンス氏を加える

wood mosaic

ビットコインと暗号通貨に関連するサービスを提供する、ロンドン拠点のブロックチェーン企業

ヨーロッパで最大の顕著な旧銀行家の中の一人がビットコイン・スタートアップに加わる。

バークレイズPLCの元代表アントニー・ジェンキンス氏は、ビットコインと暗号通貨に関連するサービスを提供するロンドン拠点スタートアップのブロックチェーンの取締役会に加入した。本企業はビットコインの移動と追跡へと利用されるネットワーク共有を作成する基本技術から名前を由来しており、2014年には初期資金調達で3,000万ドルを上げた。

このスタートアップはコインベース Inc.等のその他ビットコイン企業や、そして顧客へのデジタル通貨売買の為の企業独自のアプリケーションとウェブサイトサービスによって利用されるソフトウェアを提供している。更に本企業はビットコインの基盤技術を使用する為の手段を、個人情報の追跡やその他の収益商業等の目的へと開発している。取締役会には、ジェンキンス氏が企業の共同設立者として参加し、最高経営責任者のピーター・スミス氏と社長ニック・キャリー氏、それに加えてスナップ株式会社への初期後援企業の一社であるライトスピード・ベンチャー・パートナーズの投資資本家ジェレミー・リュー氏、そしてスカイプの元営業長マイケル・ジャクソン氏が列なる。

この元銀行家参入の動きはブロックチェーンにとって非常に目覚しい事であり、従来のサービスへの可能性ある代用としての企業信念から、ビットコインとデジタル通貨への関わりを継続させると述べた。スミス氏はブロックチェーンが今年に500億ドルに相応する取引を行うペースに乗っており、その約三分の一は機関から来ると述べた。

その間、サークル・インターネット・フィナンシャル Ltdや、アクソニを設立したトレードブロック等の初期からのデジタル通貨への競争企業は、 従来からの通貨取引等の促進、又は交換や決済の様な銀行業務の経費削減をする為に、背後にてデジタル通貨を利用するアプリケーションへと移行している。

ジェンキンス氏はフィンテック企業の取締役会でのその他元銀行代表へと加わり、これにはレンディングクラブ・コープの旧モーガン・スタンリー代表ジョン・マック氏と、オンライン融資会社ソーシャル・フィナンス Incに参入する予定である旧ドイツ銀行株式会社の社長アンシュ・ジェイン氏が含まれている。

ジェンキンス氏は公知に知らせるように、「銀行業は混乱的な Uber(ウーバー)の時点に面するでしょう」と述べた。最近では金融技術企業の10Xフューチャー・テクノロジーズを設立し、非銀行系金融機関へとデジタル金融サービスを提供する方法へと着手している。更にジェンキンス氏はカレンシーズ・ダイレクト Ltdの社長であり、海外交換取引にて従来からの企業と競争をしている。

「経済的圧迫が銀行業へと更に積み重ねられるでしょう 。」とジェンキンス氏は語る。「これから巨大な変化が起こり、そしてそれは予測不可能です。」

記事:テリス・デモス


Subscribe to our newsletter



Related Posts