みずほ銀行がデジタル通貨サービス提供に力を入れる

maxres default
みずほ銀行はIBM日本との提携での原型デジタル通貨の試験の後に、可能性のある顧客対応サービスに力を注いでいる。

本プロジェクトは6月に初めて公表され、日本銀行とIBMの地域支店による1ユニットが1円と同等なデジタル通貨試験を経た。

日経によると、本イニシアチブは7月と9月の間に実行され、 接待経費の情報を提供し基準の原型貨幣として使用されたアプリケーションに焦点を置く。

三菱 UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を含む日本金融機関は、過去にデジタル通貨概念の試験を行っている。更にみずほ銀行は2月から多様なアプリケーションとの実験を行った。

 

更に今年では、個人銀行のグループがブロックチェーンを経由しての銀行間支払い試験を取り行い、その結果は先週に発表された。

みずほ銀行の率先により、目標は銀行が処理監視機能の向上と資金移動に関連付く経費の削減が可能であるかだった。

発表時にIBMが述べた。

「安全な環境で円と一対一の取引を行う独自の仮想通貨を利用する事が、より良い追跡と資金交換の管理、そして書面上通貨の交換に関連する経費の削減の提供を可能とさせるでしょう。」

日経によると、みずほ銀行は IBMに支援されるデジタル通貨試用が顧客への新しいサービスへと導くかの評価を計画しているとの事だ。しかし、セキュリティーの懸念はこれらの審議の中で役割を演じると伝えられている。

 

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts