ビットコインがインドで大幅な支援を得る可能性

atm
光のヒンドゥー祭であるディワリ(Diwali)がもうすぐやってくるが、この祝祭はインドでのビットコイン導入への花火・飾り・光による支援なのだろうか?

10月20日に行われるディワリは5日の間に空を光を飾り、世界各国のインド人が裕福の神であるラクシュミからの神恩を受ける為に花火や蝋燭に火を灯し祝う祭りである。

ブルームバーグによると、アマゾンは5百万ドルをディワリ開催へのインドのeコマースへの寄付へ費やす事を決定している。レッドシアー・コンサルティング(RedSeer Consulting)は、インド人はディワリ最中に1.7百万ドル以上を消費すると予想されると述べている。PYMNTSからの報告では、インドの新出eコマース市場はビットコイン発達へと非常に強力であると証明しており、21%の非銀行利用者人口を特別に対象にするこの5日間の祝祭で導入が増大するだろうと信じている。

勿論、インドのビットコイン・コミュニティーはビットコインをオンラインで消費すると予想されているが、ビットコイン・デビットカードと利用可能なビットコインeコマース・プラットフォームが不足している。

ゼブ・ペイ(ZebPay)がオンライン販売を提供

インドのビットコイン・ウォレット・プロバイダーであるゼブ・ペイは、オンラインで製品の購入を希望する人々へと最適な答えを提供している。ゼブ・ペイを通して、消費者はビットコインでアマゾンやフリップカート(Flipkart)のような一般的なオンライン小売業者からギフトカードを購入する事が出来る。

モーガン・スタンレイによると、インドのオンライン販売は2013年での3百万ドルから2020年までに100百万ドルに達するだろうと予想する。巨大市場である為に、ビットコイン支持者が本市場への大幅な利用者の獲得へと意欲的なのは理解出来る。

インドの送金市場

インドは最大の送金産業を所持すると考えられており、世界銀行によると2015年に69百万ドルを受けたとの事だ。ビットコインも近々これに加わる事が可能だろう。インド人口はよく実家の家族へと送金するので、ディワリの間にはこれが増加するだろう。

インドでのビットコインの将来は明るく見えるが、しかしビットコインの加速する成長に追いつく為には未だに沢山の課題がある。しかし、ディワリがもうすぐ始まる為に、この国での必要性の増幅を提供するだろう。

記事:レベッカ・キャンベル


Subscribe to our newsletter



Related Posts