ロシア中央銀行が初回の分散型レジャー取引を行う

mask
ロシア中央銀行は分散型レジャー試験の完了を成功させた。

「マスターチェイン」と称して、ロシア銀行はこのシステムを非公開の市場参加者へと加入する事で開発された分散型レジャーを利用する、「金融通信への技術試作」として説明した。更に、この試作は「データ実態の素早い認証」を確かめ、団体の間での金融情報を受け渡す方法を提供すると述べた。

銀行代表者によると、本試作は未来のシステムへの基準として機能し、分散型レジャーを利用する新規製品とサービスの開発を可能とさせる。

分散型レジャー試験のニュースは、現在のロシア中央銀行からの強力な技術提供を象徴する。

機関の高官は、過去にロシアの金融システムでの本技術への可能性のある役割として見ていると示しており、マスターチェイン計画で見られるように、両方とも情報交換とデジタル通貨分野での将来のアプリケーションの手段としている。

ロシア銀行の副総裁オルガ・スコロボガトバ氏は公式文面にてこう述べた。

「試作の作成と適応性の合同調査は、規定者と市場参加者の両方へと結果の把握、許容性の予測、異なる技術利用での危険性の暖和、そしてフォローアップ行為の決定を援助しています。これは現在進行中の発達への良い基盤です。」

最も重要な事は、スコロボガトバ氏はロシア銀行がマスターチェインを、ロシアでの技術を取り巻く不確かな環境の中での開発である「金融インフラストラクチャーの新しい世代」の一部としての利用を重視していると述べた事だろう。

スコロボガトバ氏は更に、本試作はロシア中央銀行が設立中と述べるフィンテック開発グループとの合同で使用されると示した。

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts