イギリス属領がデジタル通貨への法律を調整

yellow_room
ジャージー政府は過去に公開したデジタル通貨交換活動の進行させている。

イギリス王室属領の権威は、1年前に法律規定を公表する計画を公表したばかりである。当時では、政府代表はニューヨークによって取り組まれたビット・ライセンス(the BitLicence)と類似する完全免許案を回避する要望を表したが、しかし特定サービスの提供者への規定システムと共にだった。

ジャージーの法律規定であるステート・アセンブリーによって9月23日に公表された政府令によると、デジタル通貨交換者として総業するどのような者も、年間の総売上が150,000ポンド以下である場合は規定必要事項から免除される。この令は9月26日に施行された。

ジャージー政府は過去に公開したデジタル通貨交換活動の進行させている。

イギリス王室属領の権威は、1年前に法律規定を公表する計画を公表したばかりである。当時では、政府代表はニューヨークによって取り組まれたビット・ライセンス(the BitLicence)と類似する完全免許案を回避する要望を表したが、しかし特定サービスの提供者への規定システムと共にだった。

ジャージーの法律規定であるステート・アセンブリーによって9月23日に公表された政府令によると、デジタル通貨交換者として総業するどのような者も、年間の総売上が150,000ポンド以下である場合は規定必要事項から免除される。この令は9月26日に施行された。

令によると、「仮想通貨交換のサービス事業者はマネー・ローンダリング・オーダーによって規定される金融サービス事業の部類に入れられる。」

当命令はジャージー政府によって昨年に始められた協議プロセスの結論を反映させている。

当時では、当諸島の副首相である上院議員のフィリップ・オゾウフ氏は「仮想通貨システムは新しく権限を与える技術を代表」し、そして当政府はこの周囲への「適切」な政策を作成する事を期待している。

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts