香港がフィンテック・イノベーション・ハブと監督サンドボックスを設立

nuclear
中国が金融サービス部門でのフィンテック開発に拍車をかける中、香港通貨当局は銀行の概念実証試験とサービスの実施を許可するフィンテック・イノベーション・ハブと監督サンドボックスを設立したと公表した。

香港のサミットでの講演にて、香港通貨当局(HKMA)の最高経営責任者であるノーマン・チャン氏は、フィンテック・イノベーション・ハブは規定者へ試験計画の実際の実行前の初期インプットを提供させる事を許容すると述べた。

ノーマン氏は追加した。

複数の大手銀行が独自の研究所を設立する中で、この新規フィンテック・イノベーション・ハブは産業が全体的に新技術を更に素早く、そして共同提携的な体制での導入を可能とさせる為に、大手と小規模の会社へと同様に提供します。
フィンテック・イノベーション・ハブ

同様な計画に取り組むオーストラリアとシンガポールなどの国の先取りとして、フィンテック・イノベーション・ハブは2種類の活動へ最適であるとチャン氏は説明した。

最初に、これは産業内への導入を意図されている数々の団体を含めるフィンテック・ソリューションの試験を銀行に許容させる。例を挙げるならば、生体認証方式だ。フィンテック・イノベーション・ハブを利用する事で、多様な生体認証や音声認識技術を開発する際の初期段階での指示に加え、開発者が予想される利用者からの意見を集める事が出来る。

次に、香港通貨当局へ利益をもたらすフィンテック・イノベーション・ハブの利用を見込んでいるとチャン氏は述べた。

チャン氏はこう述べている。

我々は開発者と共に、当社の内部システムやデータベースへ過度な危険性や重圧を作る事なく目標を効率的に達成する為に、ビッグデータ・アナリティクス(Big Data Analytics)やその他「レジテック」イニシエティブのような新技術を利用する選択肢や可能性を追求する事が出来るでしょう。
フィンテック監督サンドボックス

チャン氏によれば、香港の金融サービス部門でのフィンテック開発は遅いという見解があるが、しかしチャン氏はこれは妥当ではないと考えている。

チャン氏は述べた。

サンドボックスでは、新規フィンテック製品をHKMAによる通常の監督必要条件からの全ての応諾を得る必要なく銀行が試験する事を可能とさせます。

この事は、銀行が管理された環境で現実のデータと利用者からの意見を簡単に集める事が出来るという意味であり、それにより製品が全て着手される前の変更を可能とさせる。

記事:レベッカ・キャンベル


Subscribe to our newsletter



Related Posts