ブロックチェーン支援法案がアメリカ議会投票を通る

cat
米国議会の下院はデジタル通貨とブロックチェーン技術を支援する法案を含めた国家技術改革案を求める非拘束の決議を通した。

7月に公表されたこの決議は、デジタル通貨とブロックチェーンを特別に挙げる本技術へと、アメリカ政府の国家政策を変更する事を呼びかけている。この法案はカリフォルニアのスポンサーからの代表であるトニー・カーデナス氏と共に、インディアナ代表のアダム・キンジンジャー氏によって作成された。

本決議は本日の午後に後援者によっての公式文書を支持する声によって通された。非拘束であるが、この措置は議会からのデジタル通貨とブロックチェーン技術の主題を最新化させる最も重要な案に違いない。

本決議は米国通商委員会が技術を論じた数ヶ月後に現れ、論題への支持者からの意見は委員会メンバーの中でこの問題に対する純粋な興味がある事を示している。

テキサス共和党支持者の代表のマイケル・バーゲス氏は会見の中でこう述べた。

「ブロックチェーン開発が本日において最も改革的である事に疑いの余地はありません。」

11月のアメリカ選挙の後に発足される予定の議会の次回会議が、ビットコインとブロックチェーンを特別に主題にする更に実質的な決議を通すかについては定かではない。

しかし、今回の2党連立的な決議は、来年に法案が委員会又は上院議員によって進められる可能性を示している。

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts