ハイパーレジャー・ブロックチェーン計画が17社の新規メンバーを追加

duck_toy

国際大手電子企業サムスンの提携企業はハイパーレジャー・ブロックチェーン計画へ加入した新規17企業の中の一社である。

リナックスによって率先されるこのブロックチェーン・イニシエティブは本日に、サムスンのITサービス子会社のサムスンSDS、クイックブックス(Quickbooks)開発者のインテュイット(Intuit)と重機械製造業社のサニー(Sany)を含める新規企業と団体が会員へと加入したと公開した。

この公表は、サムスンが本新興技術への注目を増進させており、そして主要機関が徐々にハイパーレジャーを更なる取り組みへの立脚点として見ている近日の兆しを提供している。

本日までに、12月の設立以来から約100企業とスタートアップが本計画への貢献の為に参入している。

ハイパーレジャーの執行役員であるブライアン・ベレンドーフ氏が公式文書にてこう述べた。

「毎週でほぼ2社の新規メンバーが加入する成長度で、今年末までに我々が何処に位置するかを述べる手段はありませんが、この成長するコミュニティーと共に更なるオープン・ブロックチェーン開発へと取り組む事に期待をかけております。」

このニュースは、今月の初めでのフランス航空機製造業社のエアーバス(Airbus)の本計画への入会と、貢献社により率先される初期オープンソース計画の披露を含める、本計画への急増する公開に引き続いた。

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts