15社のR3メンバーが貿易金融へ分散型レジャー技術を試験

cave
本日にR3CEV銀行連合は、メンバー15企業が貿易金融での導入に焦点を合てた分散型レジャーの試験を完了したと発表した。

この試験は分散型レジャー・プラットフォームのコーダ(Corda)がどの様にインボイス作成事業と信用状(LC)処理を受理可能な口座へと使用可能かに重点を置いた。更に、本日バンク・オブ・アメリカ、HSBCとシンガポール法廷機関が、リナックス率先のハイパーレジャー計画によって制作されたソフトウェアを用いて同様な試験を完了したというニュースが引き続いた。

公式文面にて、CEOのデービッド・ラター氏はこの報告をスタートアップの分散型レジャー・プラットフォームのコーダの証拠として引用した。

ラター氏が述べるには、

「これらの試験はコーダ・プラットフォーム上で使用されるブロックチェーンに影響を受ける技術は、現代の金融市場へと貿易金融へと変身する鍵を握ると証明しました。」

バークレイズ、BBVA、BNPパリバス、オーストラリア・コモンウェルス銀行、ダンスク銀行、ING銀行、インテサ・サンパオロ、ナティクシス、ノルデア、スコシア銀行、UBS、ユニクレジット、US銀行とウェルス・ファーゴはこの努力へと関与していると言われている。

記事:ピート・リッツォ


Subscribe to our newsletter



Related Posts