ハッキング被害を受けた企業が全ての利用者への損害共有を計画

peep hole
ビットコイン交換所のビットフィネックス(Bitfinex)は、約$70ミリオンに匹敵するビットコインを今週の初めに盗難された後に、全ての利用者へ損害の共有を考慮していると述べた。

「取り組み最中な為に詳細について確実な決定はされておりませんが、しかし我々はビットコイン残高とドルでのビットコイン・ポジションへのアクティブ・ローンの中での社会化損害の概要について学んでおります。」と、この香港に拠点を置く企業は金曜に本社ウェブサイトにて述べた。

ビットフィネックスは火曜にハッキングされたと公表し、交換を停止した為にデジタル通貨の相場を大幅に下落させた。現在の通貨相場で68百万ドルに等しい合計119,756ビットコインが、セキュリティー違反によって盗難されたと報告された。

本企業は最新の公式文書で、未だ何も決定されてはおらず口座残高とポジションを安定させていると追加した。

ビットフィネックスの「社会化損害の概要」とは、電子通貨の比較ウェブサイトのクリプト・コンペア(CryptoCompare)創立者で最高責任者であるチャールズ・ヘイター氏によると、プラットフォーム利用者全てへ損害を配布する意味に見られる。これはビットコインの盗難に遭っていない利用者に影響されるという意味だ。

「本質的には、これは全ての利用者の預金へのヘアカットです。どの程度なのかは、詳細での酷い内容とビットフィネックスによって所持される総資本額によります。」とヘイター氏はメールにてCNBCへと語った。

ヘイター氏によれば、この盗難は全ての流通するビットコイン約0.75%と、10から30%の間のビットフィネックスの総資本を占める。

「ハッキングを受けていない利用者は、その他交換上での不足額を補う為に資金を支払う事に怒りを覚えるでしょう。これが正解の決断なのかは、時間が教えてくれる筈です。」とヘイター氏は追加した。「その他交換所は自らの帳簿から損害を支払いましたが、しかし損害が極度ではなかった為です。」

金曜に暗号通貨は各ビットコインに対し約$570で交換され、これは先週末に比べると約12%の下落である。しかし、一年間で相場は105%上昇している為に、長期のビットコイン保有者は利益を受けている。

記事:ルーク・グラハム


Subscribe to our newsletter



Related Posts