NRIの報告:日本の新規決算規定がビットコイン送金を保持

green

野村総合研究所からの新規報告は、デジタル通貨とビットコインへと定められた新規規定とは裏腹に、日本でのこの技術への取り組む開発者へと、更なる詳細を提示する必要性があると論じた。

上級顧問である岡野靖丈氏によって示される事には、報告は5月に日本議会によって可決された法案の資金決算に関する法律(PSA)を重点としている。数ヶ月に及び議論され、本法案は仮想通貨をプリペイド決算手段として類別し、国内ビットコイン交換を従来からのアンチ・マネー・ローンダリング(AML)と顧客熱知規則の元に入れた。

しかし、岡野氏はPSA改正は先まで十分に進まず、日本の銀行法、金融商品取引法への更なる更新は、この技術へその他の期待できる利用法が追求可能かを明確化する為に必要だと論じた。

例を挙げると、本報告は現在PSAが仮想通貨での送金を可能とするが、これはプリペイド手段への現在の制限高である百万円($9,557)までの支払いのみに対応していると述べている。

本報告が記述する内容。

「PSAの範囲での取引上の百万円の限度高は、国境間取引へと支払いサービスの有用性を損なうと見られております。」

更に岡野氏は、本国の租税規定はどのように暗号通貨を取り扱うかについて明確化する必要があると追求し、これは岡野氏が欧州司法裁判所からの決定と共に日本の規定事項を運ぶと述べた動きだ。

日本の税法は通貨、小切手や請求書の特定交換を免除するが、この事はビットコインやその他デジタル通貨に未だ当てはまらないと記述した。

岡野氏は「これらについて多くの議論が行われております」と述べた。

その他の点は、本報告は新規の規制がデジタル通貨交換事業へと「参入を阻む」役割として働く可能性があると見つけるが、しかしどのような難点も顧客の信頼と導入による引き上げで均一にされるだろうと述べている。

記事:ピート・リッツォ


Subscribe to our newsletter



Related Posts