南アフリカ銀行がブロックチェーン連合R3に加入

nuclear

南アフリカの大手銀行の一社が、R3CEVによって率先される国際ブロックチェーン連合に加入した。

バークレイズ・アフリカの子会社であるアブサ銀行は、国際的な非銀行金融機関と多様な銀行を含む40プラスへと加入すると本日公表した。現在の参加者は、中国銀行のピン・アン(Ping An)と金融部門の動力作成社のトヨタを含める。

本提携は、「大陸」初の分散を基盤とする銀行業ソリューションを作成する目標と共に、地区への分散型レジャー・ネットワーク上に焦点を合てる南アフリカ内で、大幅な活動グループを発達させる努力を含むと述べた。

バークレイズ・アフリカでの法人金融・大手金融機関部門のCIOであるアンドリュー・ベーカー氏は公式文書にてこう述べた。

「ブロックチェーンのような破壊的技術を包括する事への、アフリカでの金融機関への大きな可能性として見ており、そしてこれらを利用して個人への援助と顧客の生活を向上させます。しかし、一般的な問題の解決策の共有と共同開発をしなければ本当の価値は見出せません。」

昨年に本連合は新規メンバーを追加し、そして複数の銀行業からの参加社を交えた試験として、ブロックチェーン・ソリューションの実験を行った。R3は4月に、コーダ(Corda)と称する独自の分散型レジャー・ソリューションを発表した。

記事:スタン・ヒギンズ


Subscribe to our newsletter



Related Posts