ロシア金融企業がブロックチェーン連合を形成

elder

ロシア銀行のグループと金融サービス企業は、ブロックチェーン・アプリケーションへの民間部門連合を形成した。

7月1日に公表されてから、本連合は支払処理銀行のQIWI、B&N銀行、カンティ・マンシスク・オクリティ銀行、ティンクオフ銀行、MDM銀行、そしてプロフェッショナル・サービス銀行アクセンチュアが含まれる。この設立はロシアの中央銀行によって6月29日と7月1日の間で行われた、セント・ピータースバーグでの第25回国際金融議会にて発表された。

焦点を合てる分野は、ブロックチェーン・プルーフ・オブ・コンセプトの開発、共同研究、ポリシー・アウトリーチ、そして技術基準の制作が含まれる。本グループは一般公開文面にて、国内規定者と政策立案者と積極的に取り組む意思を述べた。

この動きは、40以上もの機関をメンバーを持つブロックチェーンと分散型レジャー開発へと焦点を合てる金融サービス連合を参照する、「ロシアのR3CEV」の制作への期待をQIWIが表してから数ヶ月後に発表された。

QIWIのCEOであるサージェイ・ソロニン氏は、公表文にてこう述べた。

「ロシアの最大金融企業と提携する本連合は、金融サービスにて改革と実施を設立しながら、多国間協力の研究へと効果的なプラットフォームになる事が可能だと確信しております。」

報告は中央銀行のイベントが、ロシアでのブロックチェーン開発に対する追加での詳細を明らかにした事を述べた。

フォーク・ログ(ForkLog)によると、ロシア銀行の副会長オルガ・スコロボガトヴァ氏は、外部第三者との共同での試行が報告されている、ブロックチェーン基盤の「メッセージ伝送システム」への取り組みを公表した。

「我々の役割は、この技術をただ他のソリューションと入れ替えるのではなく、市場へと収益をもたらす場へと導入する事です。」とスコロボガトヴァ氏は述べる中でこう引用した。「現在は、ブロックチェーン経由でのメッセージ伝送へのシステムを開発中です。その他市場経営者と共に試験を行っております。」

記事:スタン・ヒギンズ


Subscribe to our newsletter



Related Posts