米国公認会計士協会はIRSからのビットコイン税の明確化を要求

blue
米国公認会計士協会はIRSへとデジタル通貨株への課税の明細を要請する手紙を提出した。

ビットコインは課税されるべきか?この疑問は爆弾を爆発寸前にさせており、議論を白熱させるに値する。ビットコイン・コミュニティーの多くの者は、デジタル通貨は創立者が最初に意味したように課税されるべきではないと信じている。ビットコインは、外部存在の干渉なしにピア・ツー・ピア送金へと利用出来る代替通貨として開発された。デジタル通貨の分散型の様式はそれを確かにした。

しかし、デジタル通貨の一般化が増加する中で、政府はビットコインの可能性を、我々のよく知る現存の金融エコシステムを危険に晒す代替経済システムとして認識している。政府はその機能へ、市民によって支払われる税に依存している。従来からの貨幣システムでの税から逃れる道はない間、人々の中でのビットコインの利用法は複数の政府がビットコイン上の課税へとも導いている。

アメリカ合衆国はビットコインを課税可能にさせる、複雑な租税制度を編み出した初の国家だろう。アメリカ税務庁のアメリカ合衆国内国歳入庁は、2014年にビットコインを資産と明確にしたが、それから規定は改正されておらず、本国でのビットコイン・コミュニティー内で多くの混乱をまねいている。

大きくなった混乱は、米国公認会計士協会を明確化を要望するIRSへ文書を提出する事を要請させた。報告によると本文書は、会計検査の問題を作るであろうデジタル通貨へと関連する10つの問題を明確化させている。

最近では、租税制度はビットコイン所持者が、1年以上経過するデジタル通貨株への好条件な資本利益の税率を可能にさせている。この期間での変動率による損失は、利益を相殺させる為への利用が可能である。しかし、IRSは人々がデジタル通貨を商品とサービス購入へと消費するかについて不明瞭である。課税部がこれら取引の租税を考慮しても、全ての消費量の管理の持続と、投資の収益と損失としての類別は面倒である。

デジタル通貨に関連する小型取引とは離れて、IRSからの明確化を欠くビットコイン利用法のその他多数の側面は、ビットコイン寄付と慈善事業への租税免除ステータスを含む。米国公認会計士協会が返答を待つ間、多数の機関はそれぞれの顧客や援助者からのビットコインの受け付けを継続させる。一度これらが明確化されれば、必要な変更がされる事を予想出来る。

記事:ガウサム


Subscribe to our newsletter



Related Posts