ハイパーレジャー計画が新規7社のメンバーを追加

lcd_display
オープンソース・産業界共通の開発のハイパーレジャー計画はブロックチェーン技術に焦点を置き、7社の新規メンバーを得たリナックス・ファウンデーションによって率先されている。

本日の公表にて、ハイパーレジャー計画は本開発を可能とさせ、企業品質とオープンソース・ブロックチェーン・ソリューションの実施を援助する為、階級に加わる新規7社のメンバーを公表した。

公式文書にて、計画を指揮する新しく任命された執行役員のブライアン・ベレンドーフ氏は、企業でのブロックチェーン・ソリューションの可能性を示した。ベレンドーフ氏はこう述べた。

ブロックチェーン技術の企業導入は、我々の事業経営方針を変更へと設定され、事業全ての分野において非常に大きな影響を与えるでしょう。

本日公表された新規メンバー:

  • ベリンク・テクノロジーズ(Belink Technologies)– 中国の技術企業
  • ビット・セ(BitSE) – 中国の上海でのブロックチェーン・スタートアップ企業
  • インヴェシェア(INVeSHARE)– コンサルタント企業
  • モネタ・ゴー(MonetaGo)– 過去はビットコイン取引所であり、現在はブロックチェーン企業
  • モスクワ・エクスチェンジ(Moscow Exchange) – ロシアの最大交換グループ
  • ノーブロック(Norbloc) – スウェーデンのブロックチェーン企業
  • オンチェイン(Onchain) – ブロックチェーン・ウォレット API プロバイダー

この新規メンバーは、ビットコイン交換所イット・ビット(itBit)、ビットコイン・コア開発者のジェフ・ガージック氏によって率先されるブロックチェーン・ソリューション企業のブロク(Bloq)などの、増加する数のビットコインとブロックチェーン関連企業に参入する。著名な国際報道サービスのトムソン・ロイターズ(Thomson Reuters)も、毎月多くの数を追加する本計画への多数メンバーの内である。

「毎月多くの新規メンバーを迎える為には、世界への分散型レジャー技術の開発を成功させる事は誓約点なだけではなく、最重要点です。」とベレンドーフ氏は述べた。

ハイバーレジャー計画は、ブロックチェーン計画の中では論議的に最前線であり、率先産業者らはオープンソース・ブロックチェーン・ソリューション開発へとリナックス・ファウンデーションによる取り組みにて共同経営している。以前の報告は、大手技術社のIBMはJPモーガンやウェルス・ファーゴのような、複数の大手銀行を含む研究企業の一社であると公開した。

今年始まっての2月に、ハイパーレジャー計画はコード提案と新規メンバーがこの取り組みに参入すると公開した。産業界共通の取り組みに関連し、IBMは実際の導入へのブロックチェーン技術の最大開発と援助に力を入れた。

2016年5月には、アパッチ・ウェブサーバーの主要開発者でありモジラ・ファウンデーション(Mozilla Foundation)のメンバーのブライアン・ベレンドーフ氏は、本計画の執行役員へと任命された。

記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts