ジェミニがイギリスへと導入される

house

ビットコインが中本智によって世界へと紹介されてから約8年が経過する。これ以来、電子通貨産業へと参入されたこの事業は、更なるビットコイン導入の確立へと、ジェミニのような分野の拡大を計画している少数企業と共に現在良好に展開している。

汚名で知られるウィンクレヴォス双子によって経営されているUS拠点のビットコイン交換所は、イギリスへとサービスを近々拡大する。最近の報告によると、ニューヨークに最初のビットコイン交換所を設立したこの双子兄弟は、ロンドン支店の開設を公表した。この新しい支店で、本ビットコイン交換所は世界の2大主要金融資本の一社となった。

タイラーとキャメロン・ウィンクレヴォス氏は、ビットコインへと最初に出会った2012年から活動的にデジタル通貨分野に関連している。ビット・ライセンスの資格に従って、ニューヨーク州金融監督局による要求手続きを受けた後、10月にニューヨークに最初のビットコイン交換所ジェミニ(Gemini)を設立した。本企業は更に、最近ジェミニのプラットフォームへのイーサリアム追加への本局の許可を受理した。

現在までに、アメリカ合衆国の人々はジェミニ上でUSDとイーサリアムをビットコインに対して交換するだけが可能だった。しかし本日から、アメリカとイギリス両方の顧客へと追加の交換通貨としてのポンドと共に解放される。ロンドンでのジェミニ開設について述べる中、ウィンレヴォス双子の片方であるタイラー氏の発言を引用する。

「イギリスでは我々のサービスへ沢山の需要があり、強い欲求がある事を承知しています。ニューヨークとロンドンは世界の金融資本であり、同じ言語を話します。純金を良くした型のようなビットコインは、基本的にEメールの機能と同様に働く貨幣です。Eメールが週末の午後5時に閉店されると想像してみて下さい。24/7機能する貨幣が必要です。これら技術は世界をも変える可能性と、人々の生活を向上させる事が出来ると非常に感じております。」

記事:ガウサム


Subscribe to our newsletter



Related Posts