ダオがハッキングを受け、コード問題により6000万ドルのイサーが盗難される

mask

150ミリオンドルに匹敵する暗号通貨イサーを収集した、分散型自治組織のダオ(DAO)はハッキングを受けたと報告し、市場の大量売却を問題に上げた。

この指導者なしの組織は、イーサリアムのコードベースに記述された多様なスマートコントラクトから構成されており、ダオの3.6ミリオン・イサーの損失は「チャイルド・ダオ」と称される個別グループへと分配され、現在分けられたウォレットに残っている。

イサー市場はこの知らせを大きく取り上げ、暗号通貨の交換所ポロニエックス(Poloniex)での交換で13ドルを下回った。一つのコインにつき約17.50ドルの現在のイサー取引は、盗難された暗号通貨の相場へと60ミリオンドル以上を追加した。

本銀行のニュースは、レディット(Reddit)にて最初に、その他ソーシャルメディア・サイトでは今朝に報道され、イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・バテリン氏をイサー市場と分散型グループへの資金収集の提案へ一票を入れるダオ・トークンの取引を一時停止する様に性急に呼びかけさせた。

ダオはスロック・イット(Slock.it)にて書かれたオープンソース・コードを利用して5月に設立され、イーサリアムに焦点を置くドイツ拠点のスタートアップ企業である。ダオはメンバーがイーサリアム計画への資金提供を支援する、ベンチャーキャピタル・ファンドの様な経営をする設計をされている。

ダオ・トークンの投票メンバーになる為に、162ドルに値するイサー上昇の結果を出した一ヶ月期間の「創設段階」間の交換の中で販売された。測定はダオのコードへと制作され、これは「チャイルド・ダオ」へとメンバーを様々な目的へと分割させる事が可能な形態を認証させる。

今週の初めに、ビットコイン・ファウンデーションの創立者ピーター・ヴェセネス氏によるブログ記事の後、多数のスマート・コントラクトのアカウントを流出する事の出来る「再帰呼び出し」と称する攻撃が出現した。解決方法はスロック・イットによって制作され、ギット・ハブ(GitHub)へとアップロードされた。

現在は、第二のダオへと移されたイサーは凍結していると見られる。イーサリアムのコードベースの管轄を援助するイーサリアム・ファウンデーションのメンバーであるギュスタヴ・シモンソン氏は、疑問視されている資産はチャイルド・ダオの創設段階に留められている為に、7月14日まで利用が出来ないとレディットに記事を載せた。

ブテレインによって掲載された記事で説明された事によると、次段階はイーサリアム・ブロックチェーンの予期する二部フォークを含むとの事だ。このフォークはどのような処理の引き下げや引き戻しもしないが、その代わりに再獲得の仕組みを提供する事で、ダオからこれ以上のイサー流出を防ぐ事を目指す。

記事:マイケル・デ・カスティロ


Subscribe to our newsletter



Related Posts