ニューヨーク規制官がリップルへ第二のビット・ライセンスを授与

boots

約9ヶ月前にニューヨーク州金融監督局(NYDFS)が初のビット・ライセンスを発行してから、本局は分散型レジャー・スタートアップのリップルに第二のライセンスを授与した。

本日有効化されたビット・ライセンス認証は、リップル合意レジャー(RCL)を動かす自然収益のXRPをスタートアップ企業が販売と管理する事を承認する。厳密に言うとブロックチェーンではないが、このツールはその他のトークンに基づくビットコインやイーサリアムなどと同様な形態で、支払い情報へと口座にデジタル収益をレバレッジする。

2012年に創立し、リップルはネットワーク・アクセスの認証性によって更なる企業提携者の獲得に成功している。そして公開文書にてリップルは、このライセンスが国境間決済の分野にて経費節約を得る為に、本技術の模索を検討する事業顧客へとより優れたサービス提供を可能にすると強調した。

現在の提携者は、XRPトークンの利用無しで企業の技術を経由し、従来の決済メッセージを送信する機能を非常に優先させた。顧客はこれにより、送金への更に巨大なネットワークを制作しつつ、対応銀行が分散型レジャー環境へと仲買人を運ぶ事を認証させると証言した。

しかしリップルは本日、経費の更なる削減へとXRPの使用を顧客へと勧める設営は、現在更に強制的だと述べた。

CEOのクリス・ラーセン氏が語った。

「手元にあるビット・ライセンスと共に、弊社は経費削減と流動性へのXRP使用を目指す、ニューヨーク銀行顧客との取り組みを待ち望んでおります。」

NYDFSのコミュニケーション戦略部の取締役リチャード・ロコンテ氏は公式文書で、今年最初の批判とは裏腹に、この認証は本部門がアプリケーションを前進させている証だと述べた。

そして、ロコンテ氏はコインデスクへと追加ライセンスも認証される見込みがあると述べつつ、更なる更新情報が今週更に公表されるだろうと予想した。

記事:ピート・リッゾ


Subscribe to our newsletter



Related Posts