マスターカード・インターナショナルの上役「ブロックチェーンは未来へと良好」

blue
マスターカード・インターナショナルの社長アン・カーンス氏は、ビットコインを動かす技術のブロックチェーンをマスターカードが「未来へと良好」だと見なす非常に可能性のある技術と呼んだ。

個人銀行企業、投資銀行、株式取引、そして中央銀行もそれぞれの領域において導入へと努力しつつ、ブロックチェーン技術の開発を理解する為に、意図的で広範囲に広げた測定を始めている。国際カード決済ネットワークのマスターカードは、ブロックチェーン技術へ投資する企業の一つである。

北アメリカ外部の全ての市場を管理する責任を担うマスターカード国際市場の社長アン・カーンス氏は、ブロックチェーンへの見解を強くした。「非常に期待出来る技術」と称し、マスターカードはマスターカードのコアシステムでの分散型レジャー開発の統合を目指していると好評した。

カーンス氏はヨーロッパの雑誌EurActivとの会見でこう述べた。

当社のコアシステムとの統合方法を調べる為、我々は既に研究所にて使用例を開発しております。

金融取引界を多様な団体が関与する、明確なブロックチェーン技術の実用使用例だと示した。

もしヨーロッパ供給者で中国からシルクを購入している場合、配送へのシルクと、信用状が手元にあり、そしてシルクが店舗に届くまでに沢山の人々が取り扱いに関与します。
流通会社、金融企業、供給者、購入者、これら全てはどこでも同じ処理を利用しているので、一つの信頼出来る方法を持つ事は非常に有効になるとして、ブロックチェーンは本業界へと利用出来ると見ております。

マスターカードと主要競争社であるビザは、本産業界への活発的な投資と共に、ビットコインとブロックチェーンを模索する努力を市場へと展開している。2014年の初めには、マスターカードはビットコインへ集中する為に、ロビーイストへと支払ったと公開されている。

電子通貨グループ(DCG)の一連産業投資家は、2015年の後半にマスターカードからの投資と援助を獲得した。

2015年は決済界の年だと称したブログ記事にて、ビザ・ヨーロッパはビットコインとブロックチェーンは決済産業が「共に存在する必要がある」事実として明確に強調した。

記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts