ドバイの国際ブロックチェーン・カウンシルが初の試験プロジェクトを公表

blue
政府関連機関とスタートアップ企業、そして地域事業の公共・個人イニシエティブであるドバイの国際ブロックチェーン・カウンシル(GBC)は本日の産業会議キーノート(Keynote)で7つの新規概念実証を公開した。

2016年の初めに設立し、GBCは30以上ものメンバーを上げ、トークイベントではIT大手のIBM、電子通信事業者のデュー(du)、デュバイ・マルチ・コモディティーズ・センター(DMCC)やその他企業によって公表された。計画はイニシエティブによって、ロイヤルティ・プラットフォームの相互互換性を可能にする事から不正のダイヤモンド取引の削減と多岐に渡る。

ドバイのブルジュ・アル・アラム(the Burj Al Arab)で執り行われ、午前の最初のセッションはデュバイ・フューチャー・ファウンデーション(Dubai Future Foundation)のCEOサイフ・アル・アレール氏からの開会の言葉から始まり、地域市場での開発者と主要事業者を統合する、自身の企業の目的を議論した。

アル・アレール氏は聴講者へこう述べた。

「当社は将来への準備に最良の道は作り出す事で、将来を作り出す事へ一番の道は協力しての取り組みだと信じております。ブロックチェーン技術は取引の迅速化と、更に素早く効率的な取引の提供により、生活の様々な場面や事業を向上させると思っております。」

未来博物館財団の最高執行責任者であるノラ・ラフォード氏は、後に本試験を企業の発展の一環に過ぎないと説明した。

「カウンシルでは期待される7つの試験計画があります。最低限でもその他の多くは開発途中であり、口外する事が出来ません。」とラフォード氏は述べた。

ラフォード氏は全ての計画は次の3ヶ月から6ヶ月中に完成する事を予定されており、これら計画はその後、本グループの努力を更に新しく優れた利用例の発見へと前進する為に評価される。

公表された計画は下記に記した。

  1. 健康記録
  2. ダイアモンド取引の安全管理

本日のプレゼンテーションで最も興味深かったのは、商品取引インフラストラクチャーの地区最大の提供者DMCCの事業開発部門取締役であるジェームス・バーナード氏による物だろう。

ここでは、バーナード氏はどの様に企業が、キンバリープロセス認証制度(Kimberley certificates)と、紛争ダイヤモンドの分散源を推定する為にUNによって2003年に紹介された実際の書類の転移と証明を、ブロックチェーン技術を用いてその他GBC会員とどのように共同で取り組むかを説明した。

  1. 財産所有権の転移
  2. 企業登録 

ビット・オアシス(BitOasis)のCEOであるオラ・ドウディン氏によって演説された事は、内部段階の向上をDMCCとの共同経営によって作り出す計画である。GBCの設立時に最初に公開された本試験は、市場のフレキシ・デスク計画の一環として能率化したID認証を通して、企業らが更に容易にDMCC取引システムへと乗る手段を想定した。

  1. 電子遺言書
  2. 観光契約
  3. 運送向上

記事:ピート・レッツォ


Subscribe to our newsletter



Related Posts