ビットコイン交換所のコインベースがイーサリアム取引を追加し、企業サービス変更を設定する

red
ビットコイン交換所のコインベース(Coinbase)は、イーサリアム固有通貨のイサーへのサポートを追加する事を明らかにした。

傑出したビットコイン交換所のコインベースは、5月24日火曜日の交換開始と共に取引プラットフォーム上に早急に電子通貨を追加する。

取引プラットフォーム上へのイサー追加は、増加するイサーの種類の中で、イサーの取引プラットフォーム上の追加はビットコインの市場での資本化の後に、次の主要暗号通貨への注目が増加される際に行われる。

ロイターによると、コインベースは更に本社の取引プラットフォーム名をGDAX又はグローバル・デジタル・アセット・エクスチェンジ(Global Digital Asset Exchange)に改名する。このプラットフォーム名の変更は、交換上の取引へ上げられた増加する電子利益を反映している。

コインベースの事業開発部の副社長であるアダム・ホワイト氏は、この知らせに対してこう述べている。

「本社はイーサリアムへと非常に期待しています。過去6〜9ヶ月で大きく発展が進んでいます。イーサリアム上で数百もの注目され始めている分散型アプリが実施されているのを目にしています。」

ホワイト氏はビットコインでは見る事のないイーサリアムの「スクリプト言語」を強調し、これによってこれら2種類の主流な暗号通貨をどのような不和もなく共存させる。

本社の取引プラットフォーム改名とは別に、コインベースはビットコインとイサー交換サービスへと本社名を維持する。

イーサリアムは利益を作る

イサーを含むコインベースは、主要交換所がイーサリアム固有の通貨を包括する最も新しい事例である。

クラーケン(Kraken)は、リンクルヴォス双子がジェミニ交換を率先してイサー取引提供への新しい免許を所持する交換所となる中で、イサー・ダーク・プール取引を本社プラットフォームで紹介する最も新しい電子通貨交換所となった。ジェミニはイサー取引を含む為にニューヨーク州からの承認を獲得し、今月始めに創立した。

GDAXはイサー取引を、免許申請の過程なニューヨークを除きほぼ全ての州で開始する。

コインベースはイサー取引の設立と改名についての公式発表を行っていないが、近日に明らかにすると見られる。

記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts