香港のビットコイン交換所ANXが「メールのように簡単」なブロックチェーンのサービスを提供

green
ブルームバーグ(Bloomberg)によると、香港を拠点とする仮想通貨交換のスタートアップとフィンテック企業であるANXインターナショナルは、利用者をブロックチェーン技術を使用して自らの電子利益を発行する事へと招いている。本サービスはブロックチェーン基盤の利益を設定し、メールアカウントの登録と同様に簡単な交換ネットワークの作成を意図している。

ブロックチェーン技術は有価証券へのロイヤルティ・ポイントから利益の売買を可能にさせる。ブロックチェーン・システムは銀行や政府のような仲介業者の必要性を取り除く事が出来て、交換を魅力的にさせる。

数分での口座登録

ANXは数分でのブロックチェーン口座作成と、どれ程の数の電子利益を作成するかを誰でも可能とさせるサービスを主張している。

本企業のCEOであるケン・ロー氏によると、このブロックチェーン基盤の利益発行への技術は、過去3年前から開発が進んでいる。ANXはロイヤルティ・プログラム経営を希望するeコマース企業を含めた大手顧客へと、内部で利用されている。企業は複雑なバックオフィス・プロセスなしで報酬プログラムを設置する事が可能である。これらは更に不正の危険性を削減出来る。

ロー氏は宣言した。

「ブロックチェーン・サービスを求める声が非常に高まっていると言えます。これが我々が体系化を決定した理由です。この技術の利用する事への隔たりを低める事で、一般のブロックチェーン利用を援助します。」
どのように機能するか

例をあげると、カフェ経営者はANXのブロックチェーン・サービスに登録し、顧客報酬ポイントを発行する事が出来る。毎回顧客がコーヒーを購入する度に、携帯からQRコードをスキャンして将来のコーヒー購入で交換するポイントを得る事が出来る。事業者はポイント追跡と交換がいつでも可能。

ナスダック(Nasdaq)OMXグループ株式会社は分散型レジャー技術を株式発行へと利用している。大学は履修証明の発行へと利用している。ブロックチェーン技術は数日ではなく数分で様々な送金や交換を処理する方法を提供するので、銀行はこの技術へと投資している。

殆どの研究は、大幅な資源にて世界の金融と企業で行われている。

「価格を0まで引き下げると、次にそれに対しての更なる利用法が得られます。現在のブロックチェーンでの最大問題は、教育と追求です。」とロー氏は述べた。

記事:エリオット・マラス


Subscribe to our newsletter



Related Posts