大統領サイバーセキュリティ委員会がIBMによるブロックチェーン陳述を聞き入れる

traffic_light

バラック・オバマ大統領によって任命された国家安全保障とサイバースペース委員会は、本日早期にIBM代表者によるブロックチェーン技術の陳述を聞き入れた。

ニューヨークにて執り行われた本会議は、USサイバー軍の第一長官であるキース・アレキサンダー氏という会員の中から引退した長官を上げて、大統領命令で2月に形成された国家サイバー安全保障を向上させる委任を共同で持ち運んだ。

その他会員には、マスターカード社長でCEOのアジェイ・バンガ氏、ウーバー(Uber)のセキュリテー管理責任者のジョー・サリバン氏、ジョージア・インスティチュート・オブ・テクノロジーの教諭のアニー・アイ・アントン氏、そしてマイクロソフト本社情報部門副社長のマイク・リー氏が含まれる。

発言にて、IBMブロックチェーンの責任者であるジェリー・クオモ氏は本技術が「事業と社会を変える援助へと非常に大きな可能性」を持っていると述べ、多数の、特に公共や個人事業分野など、がそのためサイドラインに留まっていると、返答で続けて提示した。

クオモ氏は続けて述べた。「懸命な警戒を賞賛しますが、しかし同時に、団体や機関はブロックチェーンの可能性の早急な評価をせず、世界が進行させる技術的推移の背景にある危険性の研究を開始すると信じております。」

IBMは非営利リナックス・ファウンデーション(Linux Foundation)が監督する、ハイパーレジャー・ブロックチェーン計画バナーへと取り組む現在の複数企業とスタートアップの一社である。インテル(Intel)やJPモーガン・チェイス(JPMorgan Chase)のような企業を含んだ数々の会員は、本プロジェクトへの詳細な提案を既に申請している。

本日の会見中に、クオモ氏は最終的にアメリカへと技術全体の変更での積極的な役割の受け持ちを呼びかけ、政府が身分証明、取引安全保障、データ来歴、知能共有での分野への申請を応援する事を主張した。

「政府がこれら新規の金融システムの管理を追求をするべきではないが、これは企業らの出発と保護の援助への重要な役割があります」とクオモ氏は述べ、そして追加した。

「政府による提供にて事業が将来の金融サービスを建設する、新しい凝縮された社会を創り上げる必要があります。」

記事:スタン・ヒギン


Subscribe to our newsletter



Related Posts