スイスの街がビットコイン決済を公共サービスへ試験導入

house

スイス放送協会のスイス・インフォ(SwissInfo)の伝えによると、スイス中央にある街ツークが、世界初で試験的に政府サービスへとビットコイン決済を認証開始する。

ツーク市民はビットコインを使用して200スイス・フラン($205)まで支払いをする事が可能になる。

市長のドルフィ・ムエラー氏は、ツーク市議会は「新技術」の披露と、地域金融技術の企業を提供すると、BBCニュースが報道した。ツーク地方は12社以上ものビットコイン関連に卓越する企業を主催する為に、「クリプト・バレー(暗号の谷)」として知られている。

5月3日に正式決定された本試験計画は、7月1日に開始され、2016年末まで継続される。結果の分析次第で、ビットコイン決済の認証を将来的に継続するかを決定する。

「公式レベルでビットコインが通貨として、世界で最初に認めました。」とツークから近距離のバールを拠点とするビットコイン交換所の、ビットコイン・スイシー(Bitcoin Suisee)のCEO兼共同設立者であるニクラス・ニコラジセン氏は述べた。

大スイス圏のウェブサイトによると、近年の開発者とプログラマーは、ツークのクリプト・バレーを金融と電子通貨界の主導として築き上げた。新規の貿易市場、新規暗号化技術や新規電子通貨が、ビットコインを含めた幅広い可能性への場と共に開発されている。

スイスランドはプライバシー、安定した直接民主制の政策、そして暗号化と安全保護を含めた高度コンピューター専門知識の長い伝統を持つ。租税環境は非常に有益であり、スイスランドにて電子通貨は海外通貨として取り扱われ、それにより電子通貨取引はVATから免除され、新規法律や規定の政策をする必要がない為に、規定環境は更に好条件である。これらはビットコイン・ウォレットと貯蔵庫の安全確保のプロバイダーであるイクサポ(Xapo)が2015年にチューリッヒ圏にて共同本部を移す決定をした利用の中の一つである。

全ての人々がこのイニシエティブを良いアイディアとして納得している訳ではない。

保守的国家主義のSVP党の代表者は、議会がどの通貨を認証するかの決定への公式基準について、市議会への問い合わせを提出した。

「ビットコインは安全な通貨ではない為に、これを公式機関が認証するかは大きな懸念です。」市議会メンバーのグレゴアー・ブルヒン氏は、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(Neue Zuercher Zeitungへ述べた。「ツークの市街は行動と共に、現金の状況を阻む事が出来ます。」

ムエラー氏はそれよりも肯定的であり、「近い将来にはビットコインで税を支払う事が可能になると想像しています。」と報道紙に語った。

小規模でありながらもヨーロッパ中枢での重要な金融中心となる都市の公式計画であり、そしてヨーロッパと世界中のその他都市や国民から模範され得る為に、ツークのイニシエティブは面白い。今年末の後での評価の為に、多くはこの試験計画の結果次第であり、そして本計画の続行手段の決定で最大の要素は市民による導入であるように映る。

記事:ギウリオ・プリスコ

 


Subscribe to our newsletter



Related Posts