ビデオ:秘密の中国ビットコイン採掘所を360°探索

Pr
マイニングによる毎年の収益で800万ドルをあげる、中国の極秘ビットコイン採掘所と秘密の工場の360°に渡る光景を見る。

チャンドラー・グオ氏は、暗号通貨への立場を未だ明確に取っていない中国政府の管理から遠のいた、極秘の中国採掘所であるビットバンク(Bitbank)の持ち主であり、中国人ビットコイン起業家でもある。

グオ氏は農家の出身であり、仮想通貨の時代で現在ビットコイン企業を経営する事は的しているに違いない。牛肉農場で財産を築いた後、グオ氏は暗号通貨をマイニングする為に必要な機材へと投資する前に、ビットコインの可能性を見出した。

下記のブリッド・ラボ(Brit Lab)から提供された360°ビデオでは、山岳内に隠れたように建つマイニング場をグオ氏が歩き回っている所が見られる。

数千ものマイニング装置による包括的な経営は、ビデオが見せる様に配線による悪夢を作る。工業扇風機が装置の通路間に位置し、人間が空気缶で息をする必要がある程空気が薄い山岳の高所地帯にて、涼しい空気を送り熱を取り冷ましている。

この所在地はおそらく極秘に保たれている。

画像はBBCからの物です。

記事:サムブラジ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts