ビットコイン相場解析 – 今夜の取引に焦点を合てる

Price Chart Analysis

今朝のビットコイン相場解析の記事で、市場全体に我々が合てた枠組みは2つの主要素を含む。最初の一つは上昇傾斜型三角形である。価値がこの三角形枠から崩れると、短期へのエントリーの機会を提供する。二つ目は、サポートとレジスタンスの上位又は下位付近と、崩れとして定義されたエントリー点と共にある従来形の範囲である。

ビットコイン相場セッションにかけて、現在動きは熟しており、今夜の分析での議論に十分な変動率がある。という訳で、ここで分析してみよう。本日の動きは非常に下落気味である。最初の分析を公開した直後に、価値は上昇傾斜型三角形の低位チャンネルを突破し、各戦略で予想するように、これがレジスタンスへと不足の位置に置いた。急なこのレベルへの保持下落が起こり、そして価値は利益へと下落対象を取り出した。

最近では、今朝に明確にしたサポート・レベルの少量を交換しているが、しかし今夜の分析の目的に向けて、本日の動きを塾考へと運ぶ為の範囲を再明確にする。

それでは今晩に我々が分析するアイディアを掴む為に、下記のチャートへと目を通してみよう。これは15分間規定枠の日中ローソク足チャートである。

Screen-Shot-2016-05-10-at-17.55.23

このチャートが示す様に、注目する範囲は445値のターム・サポートと452値のターム・レジスタンスによって明確にされている。これらレベルを利用して、少し前に論じた戦略に乗じ、レジスタンス上位付近へと買持ちに、そしてサポート下位付近にて空売りにエントリーする事が予想される。

最初の段階では、458値での皮切りの上昇対象へと買待ちにエントリーするであろう。450値でのこれに対する停止は危険を明確にする。第二段階では、440値への空売りにエントリーし、そして交換の危機管理目的へと動きを抑え続ける為に、448値での逆差し値を利用する。

記事:サミュエル・ラエ


Subscribe to our newsletter



Related Posts