イーサリアム試作へイギリス政府が£248kを授与

salary

イーサリアムを利用して国際決算ツールを開発中のスタートアップ企業へと、イギリス政府は£248kを授与した。

2007年に設立以来、イギリス改革局は投資と資金提供を通し、発明の導入へと力を尽くす政府外公共事務所である。

インタビューにて、トラモネックス(Tramonex)の共同設立者でCEOであるアミネ・ベラオウイ氏は、自身の企業が更なる国境間ブロックチェーン媒体を開発する為に資金を利用すると述べた。ロンドン拠点のトラモネックスは、45ヵ国での国境間送金を既に提供している。

ベラオウイ氏はコインデスクへと述べた。

「当社の試作では既に高度に達しており、これは本技術の異なる取り扱い方法を模索する事だと言った方が良いでしょう。次に商業顧客を発展させます。」

合意に基づく水準基標の取得での当社の進展次第で、本授与は4半期ベースでトラモネックスへと配布される。

本試作は認証を受ける為に、イギリスの主要金融監督官である金融行動監視機構とその他の未公開規定者へと、完了した際に提出される。

ブロックチェーン拡大

2013年に設立したトレモネックスは、ドイツ銀行の国際取引事業への旧最高業務責任者であるベラオウイ氏と、過去にゴールドマン・サックス(Goldman Sucks)へ勤務したマーク・アベディシアン氏によって経営されている。

最近では、トレモネックスはビットコイン・スタートアップ企業のサークル(Circle)によって獲得された様な、電子マネー免許への申請段階である。ベラオウイ氏は全ての進行へと4ヶ月かかると予測している。

ベラオウイ氏は、本企業は既に申請へと予期する顧客と話し合っていると追加したが、しかし企業名は明らかにしなかった。

トラモネックスは取引の経費を「大幅に」削減する為に、中小企業へと更に安価な国際取引サービスを作成しつつ、新規ブロックチェーン試作を予想している。

それに加え、ベラオウイ氏はブロックチェーン・ソリューションの発展を目指す事への恩恵だと、本企業の規定状態を示した。

「現時点では、殆どのビットコインと暗号通貨企業は規定外経営を行っている為に、当社はヨーロッパ圏の企業の援助へと規制企業として我々の経験を活用したいと思っております。」とベラオウイ氏は述べた。

実現には全体での取り組みが必要

イギリス政府からの資金授与は、近年のヨーロッパで登場した国境のない国際取引へと焦点を合てた計画の跡を追っている。

1994年からヨーロッパ経済界のメンバーは、ノルウェイ、アイスランドとリヒテンシュタイン等のヨーロッパ加盟国へ、「パスポーティング」と称する各国の金融免許を所持する。去年の11月には、ビットコイン・ブロックチェーンを利用して国境間取引への独自の送金概念実証の試験をビサ・ヨーロッパが行う為に、インフラストラクチャーが基盤を築いた。

しかし、トラモネックスへの£248kの授与は大きな努力による物だ。4月には、イギリス改革局はこれからの12ヶ月間に£561mの投資を委託し、イギリス拠点企業の援助へと更に集中した取り組みを導入する。

記事:マイケル・デ・カスティロ


Subscribe to our newsletter



Related Posts