フランス中央銀行がブロックチェーンによる影響の更なる調査を促す

BTC price

フランスの中央銀行は、ブロックチェーン技術と仮想通貨について何度も触れている電子化の時代においての、財政安定への新しい報告を公表した。

本報告はフランス銀行が、国際G-20グループからの中央銀行総裁と政府官僚の大部分である、金融安定理事会(FSB)との提携での題目への独自の調査を実行している、と述べた。2月にFSBは本業界での取り組みを明確にし、そして近日では、本技術を金融改革の視点から注目している。

フランス銀行からの報告のおおまかな翻訳によると、

「本日フランス銀行から考慮が通知され、そして更に拡大して金融安定理事会の内で挙げられた問題を認識しつつ、提供が予想されるアプリケーションへの考慮として、特に、防犯面についてのブロックチェーン技術に関連するイニシエティブの発展に従います。」

それ以外では、この報告は、本技術が市場の機能をどのようにして再形成するかを明確にしている。

「これらの分散型レジャーのモデルは、担保繰り機器や記録資産の規律へと影響しつつ、集中型手形交換の流れと集団を基準とする、従来の操作モードの手形交換所を置換する事が可能でしょう。」と報告は記述している。

同時に、フランス銀行の報告著者は、本技術は「未だ非常に試験段階」だと論ずる。本報告は将来の試験が「安全性、費用、大量の取引を素早く処理する機能、又は第三者からの特殊活動に対する信用なく実行する経済的利益の観点」から、ブロックチェーン・アプリケーションを評価する必要があると述べた。

電子通貨への取組み

ブロックチェーン・アプリケーションへの注目以外で、フランス中央銀行はビットコインとその他電子通貨に関連する問題へと目を向けていると示した。本銀行は、2013年の過去の投資者関連の報告と、そしてこの問題へとFSBとの取組みを示した。

方針の詳細が不十分な中で、本報告は中央銀行がビットコイン取引所による電子と不換通貨間の「両替活動」への着目を提案している。

本報告は更に、毎日のユーロ流通に対して、ヨーロッパ連合での電子通貨取引量に関するデータを強調している。

「しかし電子通貨利用量は未だ非常に低く、ヨーロッパ連合での毎日の250ミリオン数の運営に対する€70ビリオンの決済と比較すると、200,000数以下の取引への1日の取引額は€100ミリオンを下回ります。」と報告は記している。

記事: スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts