インド中央銀行の代表「中央銀行は利点ではなく損害を与えている」

mirror
インド準備銀行の総裁であるラグラム・ラジャン氏は、中央銀行が目指している非公式の貨幣政策へと疑問を問いかけ、そして人々が消費よりも保管する結果となるであろう金利の削減を主張した。ラジャン氏の視点は、電子通貨の規制を含めた中央銀行の政策を批判する者達と反響している。

シカゴ大学での教授を辞任する際に、ラジャン氏はワシントンDCでの国際通貨基金(IMF)新春会議の開催中、マーケット・ウォッチとのインタビューにて見解を提供した。

ラジャン氏が中央銀行評論に加入

ラグラム・ラジャン氏はマイナスの利子率を作る政策を実行する為へと、中央銀行を批判する中の一人である。金融論評家のマックス・ケイサー氏は、国際金融システムは現在の利益値を保持する為への、十分な収入を作り出す生産能力をもう所持していないと注記したと、CCNによって伝えられた。「明日」に支払われなければ、現在の金融制度は没落する。

ラジャン氏の発言では、電子通貨を特別に述べてはいなかった。しかし、様々な理由から監視下におかれる中央銀行は、多数の例で電子通貨の管理を試みてきた。

最近において、中央銀行が電子通貨への新しい取り組み方を進めている兆候がある。

国際金融報告の影

インドのラジャン氏は、IMFからの陰鬱な国際経済の見通し上の報告にもかかわらず、連邦準備制度(the Fed)は国際情勢が向上するまで待たない方が良いと述べた。この報告では金融恐慌から7〜8年後にて、何が経済を遅らせているのかを明確にしていないと発言した。低迷な生産率と人口の高齢化によると言われる中で、問題は負債だと多数は述べている。

ラジャン氏は、規定された進路上の貨幣制度は、総意によって保持されていると述べた。

「マイナスの利子率による結果を、我々が全て理解していない事が分かるでしょう。」とラジャン氏は述べた。「なので、確実に金融政策は選択への答えとしての政策ではないだろう、と考えています。」

この事は、短期間のマイナス効果を与える大規模な構造上の改善に加え、肯定的な影響をもたらす事で知られる小規模の改善を残す。未来への多くの不安がある中、貨幣を消費する対象を除いて、複数の国では更に財産政策を所持する。

インドの公正的な取り組み

国際経済にて、インドの経済は明るい位置にあると注記しつつ、ラジャン氏は満足のゆく立場を持続して目指す必要があると述べた。中期的な成長可能性が予期出来る程、物事は進歩している。投資は力を得ており、かなりの長期安定がある。

先週、ラジャン氏は銀行口座を含めた「携帯から携帯(mobile to mobile)取引」を認証するプラットフォームを紹介した。これは誰もが利用出来る、公共プラットフォームである。どのような企業にも属していない。

中国とインドを比較して欲しいと言われ、ラジャン氏は先に改正段階を始めた中国よりもインドは約10年遅れていると述べた。正しい目標へと取り組めば、インドが追いつく事が出来ると考慮している。ラジャン氏は、インドの人々は中国の物事を追行する事への管理手段を尊敬していると発言した。インドは更に力を入れた取り組みと、正しいインフラストラクチャーとヒューマン・キャピタルを構成する必要がある。

記事:エリオット・マラス


Subscribe to our newsletter



Related Posts