エストニア最高裁判所がビットコイン取引者に対し規制

blue

エストニア最高裁判所は、電子通貨仲介者から提出された起訴への認識として、ビットコイン取引行為に対する規制を定めた。

ビットコイン合法性の調査として始まった、長期に渡る起訴への認識として開始された本規定は、ヨーロッパ圏にて交換者が電子通貨の扱いへと新しい障害に面するという意味である。

この起訴は、ビットコイン仲介者のオットー・デ・ボーグド氏に、BTC.eeの経営に関連するエストニア警察が最初に調査を入れた。その後、デ・ボーグド氏は罰金の脅しと警察での懲役によって、サービスを停止した。

レディット(Reddit)の注記によると、デ・ボーグト氏はエストニアは現在「ビットコイン、ブロックチェーン代用貨幣や利益へとヨーロッパで最低な国」だと宣言した。

特別な記述としては、エストニアでの交換サービスがどの様にして利用者と交流するのかについての制限である。判決は、明確に説明されていないにもかかわらず、本国のアンチマネー・ローンダリング(AML)規制へと運ぶビットコインの特徴を受け、これを含む代替支払い方法の規制を認証した。

デ・ボーグド氏はコインデスクへと述べた。

「これは事業が1,000ユーロ以上に等しいビットコイン、その他暗号通貨、ブロックチェーン代用貨幣、又はブロックチェーン利益を交換する場合、顧客と実際に顔を合わせる必要があります。この事が現実的にe-ビジネスを不可能にします。更にその他国々や遠くに住む顧客へと提供する事も不可能にさせます。」

非友好的な地域

エストニアの中央銀行の役員が声明にて、ビットコインを「問題性のある計画」と呼んだ2014年1月にさかのぼり、本国は電子通貨にとって、非友好的な管轄区域だと長く考慮されてきた。

欧州司法裁判所がこの問題に重点を置いていた当時は、エストニアは欧州連合でビットコイン交換における全ての価値への付加価値税(VAT)の負荷を要求した。

最終的にECJはビットコイン取引へVAT免除とした。

次の段階

デ・ボーグド氏は、自己を有罪に至らしめる証言に対する権利への侵害と述べた状況の中で、エストニア警察からの権限ある質問へと回答の提供を現在要求される。

新規判定を承認する段階途中だったとデ・ボーグド氏は続け、次の段階には欧州裁判所へとこの件を人権として運ぶ準備が含まれると示した。

「これは苦闘がまだ終わっていない事を意味し、ECHRへと継続して訴える必要があります。」とコインデスクへ述べた。「そして、自分自身を有罪とする可能性のある質問へと、今答えなければならないという意味でもあります。」

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts