ロシア連邦中央銀行がブロックチェーン研究を6月に実施

elder
ロシア政府官僚はビットコインと電子通貨に対して近日に賛同する事はないとしながら、ロシア中央銀行はブロックチェーン技術を適応する計画を進展させている。本取り決めは、電子通貨と本国での当技術の禁止提案として出された政府指針へと対照的である。

ロシア中央銀行はブロックチェーン技術を欲する

ブロックチェーン技術の概念で挙げられた人々は、分散型レジャーの利用による沢山の利益に非常に自覚している。取引処理と情報記録業へと安全性があるだけではなく、現在でどの様なシステムでも利用する事が出来ない、追加透明層がある。

この時点まで、ロシア中央銀行での献身する研究団体は、ブロックチェーン技術とその適応方法に注目していた。2016年の6月にこの研究成果が公開されるが、本技術がすぐに設置されるという事ではない。

金融取引記録システムでのセントラルポイント障害を取り除く事は、世界中の銀行の大きな利益に属する。多数の国際大手銀行は、金融界での分散型レジャー技術の境界を活動的に研究するR3 CEVコンソーシアムに参加している。

その上、分散型レジャー上にて共有される全ての取引は、分散ネットワークを形成して、全てのブロックチェーン参加者が実時間でアクセス出来る様になっている。新規の取引はこれら記録へと自動的に追加される。ブロックチェーン上にてエントリーが作られると、その詳細は一切変更出来なくなり、配布が不可能な取引のタイムスタンプ・ログを実際に製作する。

イズヴェスチィア(Izvestia)の記事によると、ロシア中央銀行はこの技術を全ての国々の金融機関へと利用する事を望んでいる。この事が、全ての銀行へと取引が配布形式で記録される事を認証する。詳しい詳細は公開された時点では不明のままであったが、金融省はロシア中央銀行の決定へと不満を感じている。

これから実行する計画の中で、ロシアでのビットコインとその他全ての電子通貨を禁止する予定がある。この国では、どの様な形態の電子通貨も製造する事は禁じられており、そしてその段階へと関与した企業は、厳しい処罰を受ける。この提案がビットコイン自体にほぼ焦点を合てているが、これはロシアでのブロックチェーン技術を禁止する事へと導きかねない。しかし、もし中央銀行がブロックチェーンを積極的に追及する場合は、分散型レジャーの利用と開発が法律によって禁じられる事は疑わしい。

記事:JPバンティンクス


Subscribe to our newsletter