アイルランド銀行が良好なブロックチェーン試用を発表

nuclear
サービス企業のデロイッテ(Deloitte)と提携するアイルランド銀行が、ブロックチェーン概念実証の共同試用を良結果にて完了した。本試用はアクセス可能情報層としての分散型レジャーの実装を、取引報告に集中する中で現存する金融システム全体へと示した。

本日のアイルランド銀行からのCCNヘのプレスリリースにて、デロイッテと提携する本銀行はブロックチェーン概念実証の試用を完了した事を公表した。

この好結果を出した試用は、分散型レジャーが従来の銀行システムと本開発を統合する事を可能とさせる意味合いがあると、本銀行は明らかにした。

本試用は、BOI国際市場部門での多様なシステムからの合成データを統合させた。本データとの関連機能は、取引業界の全体へと明白な「情報の不変、分散、検索可レポジトリ」を良好に制作した。顧客、取引先関係担当者、そして規定者は、ブラウザを基盤とした利用者のインターフェースから、実時間での取引監査の観察と実施能力と共に、試用の一端として参加した。

アイルランド銀行が提供したプレスリリースからの引用によると、

顧客と取引の実時間の様子を形成する為に従来のシステムを結びつけながら、これらシステム全体へと適応するアクセス可能な情報層を提供する事で、本試用は金融機関を導く事が出来るブロックチェーン実施の重要な利益を明白にした。

その上、本試用での結果は、ブロックチェーンの全体的な実施は、取引履歴などの不規則性を「実際に不可能」と示すであろうとの考えで適合した。

概念実証試用を通して実施された本研究は、多くの保留されている規制の要求が符合された事を更に明らかにした。

合わせて、本研究は従来の銀行システムよりも低価格にて、向上された顧客経験と規制での見落としを指摘している。

発言にて、アイルランド銀行の開発代表であるデービット・チゲ氏が述べるには、

BOIは、ヨーロッパ中へと広まった規定基準の変更に取り組む、システムと手順を確かめる中で、どの様に技術と開発の顧客経験を向上させるかについて、頻繁に調査している。

シリコン・リパブリックとの対談にて、BOIの開発部長であるスティーブン・モーガン氏は、価格と拡張性をブロックチェーン・ソリューションへの侵略の次段階として指摘した。銀行が有効に取り扱い出来ない事を注記しながら、モーガン氏はビットコインの潜在性との相似性を描き出した。

暗号通貨で最大の問題の一つは、一秒に7数の取引を行う潜在性である。
しかし、強調されるブロックチェーンは、銀行によって20,000数の取引の利用と規模にする事が可能である。

「ブロックチェーン技術が障害を招く可能性がある中で、実際にそれは銀行による従来からのレガシーシステムを補足する事が可能です。」と、モーガン氏が発言した。

記事:サムブライ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts