ブロックストリーム、ブロク、ジェム、イット・ビット、トムソンロイターズとその他がリンクス・ファウンデーションのハイパー・レジャー計画に加入

lcd_display

2月にビットコイン・マガジンが、リンクス・ファウンデーション(the Linux Foundation)の分散型レジャー・プラットフォームの設立と建築、そして維持する為の全体的な複数産業での様々な利用例を満たす、12月に始まった共同取り組みであるハイパー・レジャー計画が、産業、技術促進と公式オープン管理構造の全体から、新規メンバーを発表した。

現在、ハイパーレジャーのウェブサイトと本企業の主要ウェブサイトにて公表されたプレスリリースにて、ハイパーレジャー計画は重要な主要立場を埋め、そして新規10企業が本計画に参加し、オープン・ブロックチェーン・レジャーの将来へと投資し始めたとリナックス・ファウンデーションは伝えた。10企業は以下の通り、ブロックストリーム(Blockstream)、ブロク(Bloq)、エヴー・デジタル・ラボ(eVue Digital Labs)、イットビット(itBit)、ミリガン・パートナーズ(Milligan Partners)、モントラン・ラボ(Montran Labs)、リビット・ミー(Ribbit.me)、テクラ・クリーク・ホールディングス(Tequa Creek Holdings)、トムソン・ロイターズ(Thomson Reuters)である。

「本ハイパー・レジャー計画は、高度分散型レジャー技術にてこの努力がどう大切なのかを誇示しつつ、毎日の様に指示を獲得しております。」と、ハイパー・レジャー計画での取締役会長に就任した、デジタル・アセット・ホールディングスのCEOであるブライス・マスターズ氏が述べた。「このイニシエティブを前進させる原動力としての産業を統合させる事は、分散型レジャー技術の成功への最重要事項です。リンクス・ファウンデーションと当メンバーは、その他の利益と共に、個人情報保護と拡張性を拡大させるオープンソースのインフラストラクチャー上にて提携しております。」

統治、マーケティングと業務的意思決定を含み、事業方向を管理する本計画の理事会は、SWIFTとイットビットから新しく選出されたメンバーと共に拡大している。

「SWIFTは分散型レジャー技術を発展させる為の幅広い努力にて、この産業を喜んで援助します。」と新規理事会メンバーでありSWIFTの最高技術責任者であるクレイグ・ヨン氏が12月に発言した。「SWIFTの共同性の証明である、協力と共同は拡張性と本技術の導入を確かめる重要点となります。」

「ブロックチェーンを基盤とするソリューションを提供する金融サービス企業として、当社は企業の需要に応じているかを確認する為に、本技術の相違点を埋める必要性を理解しております。」と、新規理事会メンバーであるイットビットの共同設立者でありCEOのチャールズ・カスカリラ氏が追言した。「ハイパー・レジャー計画の様なオープンソース計画は、更なる導入への技術発達と重要な需要を呼びかける為に、世界の率先する企業を結束させています。」

ハイパー・レジャー計画の発達は、分散型レジャー・エコシステムの将来への見解へと止むことなく迅速である様に伺える。特記すると、リンクス・ファウンデーションによる計画への、オープンソースの本質性と見落とし点と明らかに相違するハイパー・レジャーは、銀行によって製作されたビットコイン・ブロックチェーンへの大きな代替の様だ。厄介なP2Pの開放性と一般性と、一般へ開かれたビットコイン・ブロックチェーンの無政府性を除き、分散型レジャーの実際的な優位点である改ざん防止性と、永久的に記録される迅速で安価な取引の保持を希望する銀行が主である。

その他意見と共に専門家は個人的で「許可された」非ビットコイン・ブロックチェーンへの援助を表明した。

「資本市場と保険者を含めた金融機関に利用される為には、ブロックチェーンは匿名性総意へと支払う事なく、安全性、個人情報保護性と速度を保証する制度と共に、ビットコインによって導入された高価な手段に取って変わる必要があります。」と、7月にアクセンチュア(Accenture)の役員2名が公言した。

記事:ギウリオ・プリスコ


Subscribe to our newsletter



Related Posts