新規OBPPがビットコイン・ウォレットのプライバシー問題を報告

doors

ビットコインは匿名状態でのオンライン取引を望む犯罪者達への天国として名が通っているが、最近に利用可能なウォレットの選択肢は、電子貨幣システムの予想出来る利用法へと非常に有効であるとは言えない。日曜に公表されたビットコイン・ウォレット個人情報採点報告の第2版は、オープン・ビットコイン・個人情報計画(OBPP)がビットコイン・ウォレットでの更に陰鬱な姿を描き出した。

OBPP報告は、ビットコインへの多数の個人情報に焦点を合てるイニシエティブは2015年に「発足」されたと述べる。報告の前置きで、OBPPに貢献するクリストヴ・アトラス氏がこう記述している。「ビットコインの独立と安全性を保つには、向上が極度に求められます。」

レジャーが頂点に

レジャーは市場への殆どの個人ビットコイン・ウォレットを製作したという事実があるものの、予期する100ポイントの中からたった50ポイントを上げた事実は、全てのビットコイン利用者が熟考しなければならない。レジャーは数々の第三者ウォレットへと結合した様々なハードウェア媒体を発表したが、しかしOBPPの報告はレジャー・ナノと企業独自のウォレット・ソリューションへ焦点を合てている。

報告では、レジャー・クローム拡張基盤のビットコイン・ウォレットは、高度の個人情報詳細を含んでいない事が注記されている。事実上、ブロックチェーンの地域コピーも保存していない。レジャーの肯定点は、アドレスの再利用と同一なウォレットでの複数アカウントの管理を、利用者が避ける事を援助する能力から来ている。

コインベースが再度最下位

コインベースは昨年の春にビットコイン・ウォレットへのOBPPの元版批評にて最下位であったサービスであり、この16zを基盤とする企業は2016年にも底位置を持続した。勿論コインベースは、利用者へと高度な個人情報保護を提供する事が難しい多様なサービスを提供しているという事も注記しておかなければならない。実際にコインベースのCEOであるブライアン・アームストロング氏は最近メディアム・ポストで「コインベースはウォレットではない」という、本企業はどうウォレット供給者というよりも小売取引所であるという記事を掲載した。

OBPPの報告では、コインベースの消費者ウォレットの保護性が主流として指摘されている。コインベースは不換紙幣も扱う為に、顧客熟知規則(KYC)の規定指示に従う必要があり、この報告はアドレスの再利用防止などの、多数の個人情報保護を本企業のKYC責任を脅かす事なく向上させる事が可能だと主張している。

コインベースは、決済システムとしてビットコインを多数の個人が利用する事を容易にする、USD残高等の独自性のある特徴を、主流利用者へと提供する事を可能とさせる。多数の人々は、ウォレットについての報告の中で、本質的にビットコイン銀行であるコインベースを追加する事は論理的ではないと言うであろうが、しかしこの様なタイプの保護性ウォレットを利用する個人情報に関連する結果についてを、利用者が意識する事は重要である。

ビットコインの個人情報保護は無い?

オープン・ビットコイン個人情報保護計画からのこの報告は、多様なウォレットにてビットコインを個人的に利用する事が可能だと信じる個人へと、確実に改革的であろう。報告にて最も問題視されている点は、世界にて最も知られる2つのビットコイン・ウォレットであるブロックチェーンとコインベースが、全てのウォレット提供社の最下位4社として両社揃って採点されたという事だ。

報告にて唯一の最高位は、ビットコイン・ウォレット個人情報保護で6位に位置したサモウライ(Samourai)である。この報告は比較的新しいウォレットの選択肢へと、最終的に結合される数々の保証される特徴を注記しており、そして「このウォレットは2015年に力強く発足し、個人情報を懸念する利用者へと、ダークウォレットを2016年の注目へ実際的な選択とする」と追加した。

記事:カイル・トーペイ


Subscribe to our newsletter



Related Posts