バーニー・サンダース氏の運動がビットコインを認証する風刺

elder

ヒラリー・クリントン氏に対する民主主義指名の候補者として大統領へと期待され、そして全ての運動資金は主として寄付から来ている、アメリカ合衆国の上院議員のバーニー・サンダース氏は、一般大衆の候補者としてのイメージと完璧に一致しつつ、現在ビットコインを認証している。(*この記事の発言部分はコメディ・セントラルで作成されたコメディ議論番組の内容であり、実際の候補者からの発言ではありません。)

99.98%は運動への寄付である合計13,890万ドルへの、平均27ドルでの570万数の寄与と、約200万人の提供者と共に、バーニー・サンダース氏は一般大衆の候補者としての宣言を裏付ける数字を所持する。

運動へのビットコインでの寄付の受付開始を完全に志している事は、サンダース氏の打算性による物であろう。

大統領へと民主党の期待を受けるバーニー・サンダース氏と、大統領選への共和党の第一候補のドナルド・トランプ氏を競わせるコメディ・セントラルの議論は、前記の候補者が寄付を募っている事を表している。得られるのであれば、暗号通貨を含んだどの様な寄付でも良い。

「資金を求めています。多少の釣り銭でも…1ドルより少なくても持ってたら貰いたいです。少しだけ使ってあるギフトカード持ってたら、我々が使えます。」暗号通貨を完全に理解した様子もなく追言する前に、議論の完結へと本上院議員は締めくくりの声明を公表した。

あなたがビットコインの一部を所持すれば、我々はほぼ完全なビットコインを所持します。

勿論、この番組は大統領へと有力候補者を2名の役者が演じる風刺作であるが、これはビットコインが話題に上るもう一つの主流源であり、ゆっくりと、しかし確かに一般の意識へと入り始めている。

この風刺的な議論でのビットコインへの言及は、2016年の最高の興行収益を上げる映画のデットプール(Deadpool)での大きな言及に続いた。このマーベル・コミックのスーパーヒーローの親友は、ビットコインを酒場で承認しており、そしてその場面ではビットコインの暗号通貨入りステッカーが登場する。

主流源での自由な話題を制限されているにもかかわらず、映画製作者と制作過程の作品はよく知られる文化への興味を綴った主題をよく扱う傾向がある。

ビットコインへの関連を超えて、このビデオはドナルド・トランプ氏の演技だけでも観る価値がある。本ビデオは下で観る事が出来る。ビットコインの話題は38分28秒に出てくる。

記事:サムブライ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts