オランダ銀行がブロックチェーン基盤通貨の試作を作る

wood mosaic

最近の報道公表によると、オランダ銀行は「DNBコイン」と命名された内部ブロックチェーンの試作品の開発に取り組んでいる。

この試験についての少しだけの詳細は、3月16日に公開されたオランダ銀行からの最新年次報告書に記述されていた。その他の報告内では、DNB計画の経験から学んだ事をどう対応させるかの可能性のある示しとして、DNBはブロックチェーン技術が事業を向上させる事が可能だと断定した。

「ブロックチェーン技術上の試作コイン」としてだけ説明されており、この計画の目標や公表についての詳細はない。DNBコインは漠然と翻訳すると「2016年の目標」という題名で称されており、この計画は今年の組織内開発者の最優先事項であると提案している。

報告内にての複数の事項で記述される事には、ブロックチェーン技術は金融産業にて予期する費用削減として提供されるが、しかし中央銀行はこの一年での可能性のある適応が整うと断言するには早すぎると認めた。

報告が述べるには、

「ブロックチェーン技術は銀行組織の収益モデルに影響を与える事が可能であり、そして収益を生み出して経費削減する新しい道で利益を与える事が出来ます。」

決済と銀行顧問のサイモン・レリベルド氏が指摘するには、本開発は現金と電子代替を入れ替える方法として、ブロックチェーン技術を試行するオランダ銀行の一端となる願望を示すという。

「この事から、中央銀行が電子貨幣ドメイン(現在便利に表名されるブロックチェーン/フィンテック)へと先へ進む事を見る場合、それは既に市場へのスピンオフではなく、貨幣への永久な電子代替を作るという事です。」とレリベルド氏が記述した。「なので、今回は違うはずです。」

中央銀行とブロックチェーン

ここ数カ月の間、世界中の増加する数の中央銀行役席者で、特にイングランド銀行は、ブロックチェーン技術が更に中央集中型電子通貨を製作する事へ適応する事が出来ると提案している。

しかしそれを行う段階は、銀行組織の従来からの形態に大きな影響を与えるだろうと議論されている。

今月初めでの公演にて、ビットコインは主要へと導入される事は無いとの見解を指示したイングランド銀行の金融政策部の副知事であるベン・ブロードベント氏は、中央銀行発行の電子通貨は預金者の行動を変え、特殊な例では電子通貨へと顧客が移動する場合に、銀行の貸出期間の延長機能を抑制すると推測した。

これらの懸念は、中央銀行の独自による暗号通貨の発行方法へと焦点を合てるという提案を停止させていない。

UKの研究家は、BoEによる最近の開発から影響された「RSコイン」と命名される新しい種類の暗号通貨の提案へと大きく動いており、しかし中央銀行と積極的に関与してはいなかった。

記事:スタン・ヒギンス


Subscribe to our newsletter



Related Posts