日立がフィンテック・ブロックチェーン開発研究所をカリフォルニアに設立

house

日本多国籍で国際的な複合企業の日立が、金融開発研究所の設立計画を明らかにした。この新規導入はカリフォルニア州シリコンバレーにある日立の社会開発国際センターフィンテック研究団体として機能する。

新規フィンテック研究所を公表した本日のプレスリリースにて、日立はこの新規団体が特にブロックチェーン技術の開発と向上に向けた分野で、本企業の北アメリカ社会開発センター(CSI-NA)と共に取り組むだろうと明らかにした。

分散型レジャー技術をフィンテックの「中心的技術」として判断しつつ、この新しい試みは現存する金融機関との「共同型の製作」を設定する事を模索する。

下記はリリースからの抜粋。

シリコンバレーにて金融開発研究所を設立する事で、日立はブロックチェーンの研究&向上や、顧客との共同開発、そして金融機関における事業開発の援助に向けたソリューションの発達を促進させる。

フィンテックのITと金融サービスとの統合についての解説で、日立はクラウド、ビックデータや人工知能の熱狂的な発展と結合したスマートフォンの拡大する利用に続いて、更に幅広い国際社会での新しいトレンドになると信じている。

過去に日立は2015年の終わりに向け、「日立モバイル・キャッシュカード・サービス」の設立でフィンテックへの進出を設定した。この特徴は日本でのスマートフォンを支払いカードの様に金融取引と決済へと利用する事を可能にさせる。

特記する事は、更に日立はリナックス・ファウンデーション(Linux Foundation)が設立と監督を務める、広く喧伝されたオープンソース計画のハイパー・レジャー計画の委員会メンバーである。

ハイパー・レジャー計画の発足時に、日立の金融情報システム部門の社長である小川正義氏が公言した。

日立はハイパー・レジャー計画への活発的な支援と、供給源への継続的な投資を行います。この努力を後援する多数の国際団体と共に、ブロックチェーンが急速に熟し様々な産業へと広がる事を信じています。

80兆ドルの企業総収入(2015)を上げる中で、日立は現実世界へのソリューションとするビットコイン技術の基盤となる、ブロックチェーン又は分散型レジャー技術の研究と調査に盛んな活動へと加わる、唯一の最新な多国籍企業である。

日立の新規フィンテック研究所の運営は、2016年4月に始まる事が予定されている。

日立の代表者は、この報道の発表時に迅速な意見を述べる事が出来なかった。

記事:サムブライ・ダス


Subscribe to our newsletter



Related Posts