イサー・ドット・キャンプがハイブリッド・ビットコイン/イーサリアムATMを開発

ethercamplogo

注:ハイブリッドATMを開発したのはインスタコインではなく、イサー・ドット・キャンプである為に、題名をそれに応じて変更しました。

カナダのキューベックでラマス・ビットコインATM (Lamassu Bitcoin ATM) を経営するインスタコイン(Instacoin) は、イーサリアム(Ethereum)を援助する事をツイッターで発表した。

ツイッターの書き込みにて、イサー・ドット・キャンプ(Ether.camp) はハイブリッド・ビットコイン/イーサリアムATMをカリフォルニア州のサンマテオで開発した事を明らかにした。この機械は、ブースト・VC(Boost.VC)オフィスのすぐ上にある、ヒーロー市のドレイパー大学に設備されているコワーキング・スペースに位置する。ブースト・VCとはブロックチェーンとバーチャルリアリティのスタートアップ企業へと投資するベンチャーキャピタル企業である。

このATMは既に購入へと利用されている。

購入をするには、下記の中から一つの形式でのQRコードを必要とする:

  • ether:0x407d73d8a49eeb85d32cf465507dd71d507100c1
  • iban:XE81ETHXREGGAVOFYORK

ジャックス・モバイル(Jaxx mobile)ウォレットはIBANQRコードを製作する事が出来て、そしてATMへの試験も済んでいる。(ジャックスとは、ビットコインやイーサリアム利用者へとウォレット・サービスを提供する合同プラットフォームであると、以前にCCNが伝えている。)

このハイブリッドATM計画は、イサー・ドット・キャンプのJSON-RPCサーバーとhttps://github.com/ethereumjsにて行われている。

ATMへ利用者のドル貯蓄

イサー・ドット・キャンプのブログは、ATMに1ドルを預けるビデオを含んでいる。レディット(Reddit)の投稿によると、ビデオ内のATMは送金のみのATMだが、送受金に対応するモデルも存在するとの事。

技術評論家のジョン・リリック氏によるリンクトイン (LinkedIn) への投稿によると、イサー・ドット・キャンプはイーサリアムのJava実装を開発したローマン・マンデレイル氏によって率先される企業だ。更にイサー・ドット・キャンプは、イーサリアム・ブロックチェーン上での取引と契約の観覧を可能にするイサー・ドット・キャンプによるブロックチェーン・エクスプローラーをその他への可能性と共に開発している。

更なるATMは後に続くか?

ラマスの動きは、ATMによるイーサリアム提供を管理する事への支援の役割を果たせるだろうと、マークル(the Merkle)は記述した。ラマスはビットコイン以外の通貨を援助する、最初のビットコインATMである。

記事:エリオット・マラス


Subscribe to our newsletter