イングランド銀行が固有のビットコイン型RSコインの設立準備

gold_bar
RSコインがイングランド銀行へ約束する事柄とは違い、この概念はビットコインにおける全てと不一致している。

数年間に渡り、銀行やその他の主要金融企業はビットコインと電子通貨のアイディアに対し、「顧客が関わる危険性」の為に反対している。しかし、1年以上前にこれら企業がインフラストラクチャーを活性化させる為に私用ブロックチェーンへと意欲的な興味を示す様になってから、この姿勢は変わった。物事の状態から判断し、数々の銀行は一歩先の事柄に取り組み、そして私有の中央集中型ビットコインのを発行しようと思考している。

しかし、世間で知られるビットコインとイングランド銀行が獲得しようとしている事には、大きな違いがある。

電子通貨の中央集中化は興味深い取り組みだが、しかしその事への実行可能性について多くの疑問がある。電子通貨と分散型レジャーを利用する事で多数の収益があり、そして小売業決済を更に効率的にし、概略的に金融システムを強化する。それに加えて、銀行間での取引がとても安価になる。

率先社の呼ぶRSコインは、不正や偽造が出来ない電子通貨の形態を製作する。元来はユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの2名の研究家によって開発され、このシステムはビットコインととても同様に働くが、しかし更なる中央集中型の管理を供給する。イングランド銀行はこの分散型レジャーを操作する単独団体となり、貨幣供給を管理する事も可能となる。

貨幣供給が2100万に設定されているビットコインとは違い、イングランド銀行は望めば無制限な量のRSコインを発行する事が可能だ。これは無制限の紙幣供給がある為に、2007年の金融恐慌と同様の筋書きを作るかもしれない。電子や実際の形態とは関係なく、中央集中型の貨幣システムは良いアイディアではない。

RSコインをビットコインと比較してはいけない

RSコインがイングランド銀行へ約束する事柄とは違い、この概念はビットコインにおける全てと不一致している。中央集中化という無制限の貨幣供給と、同様の「内部団体」の者達による利用者への資金援助の経営は、現在の金融産業を侵す問題の解決にはならない。

ビットコインとは、現存する金融アクセスや銀行忠順とは関連なく、世界中の誰もが利用出来る分散型電子通貨である。一般が自覚する事に何年もかかるだろうが、このフリーマーケット・モデルは常に中央集中型の威力を切り札にするだろう。RSコインは金融問題への答えではないが、複数の事柄を合理化するに違いない。しかし最終的には、金融での中心的問題である「少数による権力所持」は現存し続けるだろう。

記事:JPバンティンクス


Subscribe to our newsletter



Related Posts