70%の金融機関がブロックチェーンが事業へ有効だと考慮

hunger_child

ブロックチェーンは持続不可能な技術だという主張の反面、新しい調べによると70%の金融機関は、開発が事業へ良い影響を与えると考慮している事が分かった。

技術アドバイザリー企業のFTIコンサルティングからのデータによると、特にこの様子は、技術への強い認識を報告した金融機関の中で90%に上昇した。この結果はブロックチェーン技術が、犯罪者による金融不正行為や回避規定を容易にするという考えを提案する回答から来ている。

管理代表のダン・ヒーリー氏によると、この調査は公式な報告の主題ではないが、しかしそれよりも非公式な段階には、その他主要金融企業の中でFTIがブロックチェーン技術の観点を学ぶ為への援助の意味合いがある。この調査は合計で700以上の回答を受け取った。

ヒーリー氏がコインデスクへと述べた。

「金融機関が何を知り考慮しているのかを学ぶ為に、本来的に当社への私的情報として行いました。同様なフィンテック企業は従来の金融機関の開設に乗っている事を多く耳にしますが、これらはその視点による物です。」

調査結果では、主要な金融機関(65%)はこの技術を自覚しており、26%のみが精通していると述べた。

イギリス(35%)では、機関はブロックチェーンの知識を報告する傾向があり、そしてオーストラリア(14%)では認識を報告しない傾向にある。

その他地域では、19%の金融機関はブロックチェーン技術が与える企業の事業への影響へと、完璧に準備が整っていると考えている。しかし、主題への更に熟した知識を報告する機関の内では、この様子は52%まで上昇した。

記事:ピート・リッゾ


Subscribe to our newsletter



Related Posts