ビットコイン・マイナーとコア開発者がハードフォーク合意のセグ・ウィットを発表

BTC price

2月21日の香港での産業円卓会議にて、ビットコイン・マイニング業界の代表とビットコイン・コア開発者が、ビットコインのブロックサイズ尺度問題への解決策を議論する為に面会した。18時間に及ぶ会議の後に、開発者らは討論での複数点へと合意を結ぶ書面を発表した。

書面を発表する団体には、創立チームのアント・プール(AntPool)、A-XBT、ビット・フリー(BitFury)、ビットメイン(Bitmain)、BTCC、エフ・ツー・プール(F2Pool)、ジェネシス・マイニング(Genesis Mining)そしてジー・ハッシュ・ドット・イオ(GHash.io)が含まれる。ブロックチェーン・ドット・インフォ(Blockchain.info)によると、これらマイニング経営者は、最近の数ヶ月間でマイニングされた80%の合計ブロックを代表した。団体陳述書に加わったビットコイン・コア開発者はコリー・フィールズ(Cory Fields)、ジョンソン・ラウ(Johnson Lau)、ルーク・ダッシャー(Luke Dashjr)、マット・コラロ(Matt Corallo)そしてピーター・トッド(Peter Todd)である。

本団体は「署名の分離(Segregated Witness、略してセグ・ウィット/SegWit)」という、ビットコイン取引の署名からのデータ保存方法を変えるビットコインのコードを変更する提案であり、次の2ヶ月間にて開発が継続され公開される予定だ。3ヶ月前の香港でのビットコイン尺度規定会議にて、ビットコイン・コア開発者でブロック・ストリーム(Blockstream)の創設者であるピーター・ウィール博士によってセグ・ウィットが公表されてから、ビットコイン・コミュニティのメンバーから肯定的な反応を受けている。

追加すると、陳述書は「コア開発者はビットコイン・プロトコル開発コミュニティ全体と、セグ・ウィットでの発展に対し公然で安心なハードフォークの開発を継続して、それはセグ・ウィットの公表から3ヶ月以内でのビットコイン・コアへの推薦とします。」

陳述書はこう続く。

「このハードフォークは、合計サイズが4MB以下で2MB周辺の非証人データでの拡大に加えて、技術コミュニティの間で現在議論されている特徴を含むと予測され、そして唯一で全体のビットコイン・コミュニティに及ぶ幅広いサポートのみと導入される。」

もし残りのビットコイン・コア・チームが変更を承認して、コミュニティから強い合意が出た場合は、ハードフォークの実装が援助される。この事はネットワークとの適合を保つ為に、全員が新規ソフトウェアのダウンロードをフルノードで走らせる事を必要とさせる。陳述書は、ハードフォークは2017年7月まで作動される見込みがないと予見している。

記事:マイケル・ゴード


Subscribe to our newsletter



Related Posts