中国の金盾は何故ビットコイン・マイナーに重大な問題を作っているか?

blue

何がブロックサイズ制限を増加する事へと問題なのか?これは昨年にプロトコルへの考えうる代用についての議論が高速で白熱してからという物、ビットコインのコミュニティが長く問いかけてきた質問だ。

ビットコイン・ミートアップ・スイスランド(Bitcoin Meetup Switzerland)での最近の登場で、ビットコイン・コア貢献者のジョナス・スチネリ氏が、ブロックサイズ制限を迅速に増加させる上での問題の一つとして考えられる「マイナーへの不必要な資源への大型ブロックの影響」を対象とした。

ビットコイン・マイニングで理解するべき点は、毎秒のハッシングは個人の利益を得る能力へと影響を与えるという事。新規ブロックはネットワーク上全てのノードに即座に受理されず、それはマイナーが既に最新ではない古いブロックの上に積み重ねて、資源を無駄にするという事になる。結局、マイナーは誰かのブロックの存在を知った上で、その上に積み重ねる事しか出来ない。

大型ブロックとは、大手マイナーへの大きな利益という意味か?

金盾(グレート・ファイアウォール)の働く仕組みにより、中国のマイナーは度々その他国々(特にアメリカ合衆国全土)のマイナーの前に新しいブロックを発見する。現在中国はネットワーク上のハッシング・パワーの主要を握っており、中国に居ないマイナーは収益の一部を失う。この事は、中国圏外のマイナーは平均して中国内のマイナーの後で新しいブロックについて知るという事実から来ており、それは非中国人マイナーはすでに発見されているブロックへの資源を無駄にするという事を意味する。

新しいブロックについてを学ぶ為に費やす時間の為に、大手マイナーは小規模マイナーよりも優位な点を持っている。もしブロックサイズ制限が増加されれば、ブロックがネットワーク周囲へ増殖する為への時間が長くなるので、この利点は更に増加される。

ビットコインの拡張は難しい

ビットコイン・ミートアップ・スイスランドでスチネリ氏の述べた最終的な点の中の一つに、拡張性の問題は、現在までに決められた様な単純な物ではないとしている。

スチネリ氏が説明した。

「全ての裏幕を暴くと言いたい訳ではありませんが、技術基礎に触れずに進めたいならば「ブロックサイズを増加させる」と言う事は簡単です。その通り、良い案に見えるでしょう。全ての人々が理解出来ます。しかし、思考する事に労力を費やすだろうがもっと優れた解決策があるのです。」

記事:カイル・トーペイ


Subscribe to our newsletter



Related Posts