チャイナリシスと欧州刑事警察機構がビットコインの資金洗浄を行う

mask

一般的なランサムウェアソリューションの背景は、多様な決済手段の中でビットコインを好んで利用しているが、電子通貨は犯罪者の道具になってはならない。

ブロックチェーン上で実時間にビットコイン取引を追跡する事は比較的簡単だが、これらウォレットのアドレスの背景にある個人情報を直接知る方法は無い。ビットコインは世界中で貨幣の送金と受け取り時に個人の詳細を伝達せず、マネーローンダリングの試みへ関して問題になりかねない。

電子通貨界での詐欺やマネーローンダリングへの安全確保を専門とするチャイナリシス(Chinalysis)等のスタートアップ企業を例として、電子通貨業で活発な企業らはこの予期する問題について気がつき始めた。重要な事は、ビットコイン業での詐欺は不渡手形と関連性はないが、それよりも資金の二重使用、又は製品やサービスへの支払いへと盗んだ口座から貨幣を使用しようとするハッカーが関連している。

一般的なランサムウェア・ソリューションの背景は、多様な決済手段の中でビットコインを好んで利用しているが、電子通貨は犯罪者の道具になってはならない。この時点では、ビットコイン利用者の個人情報を法の執行で解明する明確な手段は無い。念頭におきたいのは、マネーローンダリングがオンライン犯罪者へと世界各国で資産送金の為によく利用される方法であるという事だ。この様な問題は提示される必要がある。

チャイナリシスはと単純でありつつも強力な方法にて運営されており、電子通貨へと結びついた電子上の個人情報を追跡する。本社の組織内で開発されたソフトウェア・ソリューションは電子通貨のアドレスと関連するどの様な不審な活動も知らせる事が出来て、そして多様な調査方法と共に法律上の執行を提供する。これらの事が、チャイナリシスを欧州刑事警察機構の様な機関への調査提携にさせる。

欧州刑事警察機構の欧州サイバー犯罪センターが、チャイナリシスとの提携を結んだ事は不思議ではない。この発表がされたのは電子通貨が発達し始めた頃で、ビットコインとその他金融の代替形態へと本提携が更なる合法性を運ぶ援助になるだろう。

サイバー犯罪は全国的な住民と企業への深刻な脅かしである。技術の進展によって、ハッカーは個人利用者や企業に対しベクターを攻撃する事にかけて、更に創造的になっている。様々な件では、ビットコインは身代金や恐喝金への決算方法として利用されている。チャイナリシスと欧州刑事警察機構はこの問題を基盤とする事を思慮しており、ビットコインのスタートアップ企業と法的執行を合わせた提携は電子通貨エコシステムへの大きな利益になるだろう。

記事:JP バンティンクス


Subscribe to our newsletter



Related Posts